2018年6月22日金曜日

トーキングデッド終了!ショック

何度かトーキングデッドのことを書きました。
これはウォーキングデッドの後の生放送のトークショーです。

AMCの人気ドラマの後にありTalking with Chris Hardwickと呼ばれています。
フィアーザウオーキングデッドの後も、それからベターコールソウルの後もやってました。

私は当時知らなかったのですが、ブレイキングバッドの後もやっていたそうです。

そのドラマを見たすぐ後、興奮冷めやらぬ時に出演者をゲストにあれこれトークをして、ゲームがあったり、予想したり、面白かったんです。

それがなぜ終わるかと言うと、司会者のクリスハードゥイックの虐待疑惑です。

IGNから転載です。

。。。。。。。。。。。。

元ガールフレンドのクロエ・ダイクストラからの虐待の申し立ての報道を受けて、AMCは、『トーキング・デッド』の司会者、クリス・ハードウィッグのとの結びつきを断つこととした。

AMCは、ダイクストラによるMediumの投稿を受けて、今回の決定をしている。投稿にはある人からの虐待の体験がつづられており、名前は伏せられているものの、ハードウィックと結びつけることができる。

「私たちは何年にも渡ってクリス・ハードウィックと良い関係を保ってきました。昨日浮上した問題の申し立てを極めて深刻なものとして受け止めています」とAMCの声明文では述べられている。

「状況を判断し、『Talking with Chris Hardwick』のAMCでの放送を中止いたします。来月、サンディエゴで行なわれるコミコン・インターナショナルで計画されておりましたAMCとBBC Americaのパネルディスカッションでは、クリス・ハードウィックは司会はいたしません」

。。。。。。。。。ここまで。


いやあ、驚きました。アメリカのテレビ業界厳しいですね。
クリスハードゥイックは否定しているんですが、クロエが申し立てした時点でアウトのようです。

2人の間に何があったのかはわかりませんが、調査もせずに「こんなことあった!」と言っただけで番組打ち切りってすごいですね。

そういえば、大人気テレビ番組のロザンヌも主演女優のツイッターの発言で打ち切りになりました。人種差別で許しがたいツイートでしたけど、1つのツイートでバッサリ番組を切ってしまうテレビ局もすごいなと思いました。損害どのくらいだろうと思ってしまいました。

クリスの場合は否定もしているし、相手の言い分だけで切ってしまうというのもドライな気がします。

ウォーキングデッドもいろいろな意味で終わりそうだし、こっちも終わりでいいだろうという感じなのでしょうか? ちょっと残念です。


もう見られないのかなあ?







2018年6月19日火曜日

スパイダーマン ホームカミングとブラックパンサーネタバレなし

土曜日と日曜日は父の日サービスということでマーベル2作を見ました。

マイティーソーからぶっ続けです。夫大喜び!

これでインフィニティーウォーまでのを全部見ました(たぶん)IW見たいのですが、だーいぶネタバレ踏んだよね…時間がたてばたつほど目に入ってきちゃいますね。

デッドプールもまだ映画館上映なので多分今週行きます。

で、今日はネタバレなしの感想です。




(他の)スパイダーマンはあまり見ていないのですが、ホームカミングのピーター(トムホランド)可愛い!
でもあの、ちょっと情けなさすぎて悲しくなったりもしました。まだいろいろ上手じゃない設定です。使いこなせてないのに「でもぼく地球を救うんだ!」

あああ~やめなさーいとお母さんの気持ちになります(笑)これは家族で見るのにおすすめです。怖いシーンとか血のシーンがないので(ないよね?)



後半のアクションは良かったです。好きになる女の子もかわいい!!そして悪役は…あれは狙っているよね?出オチっていうか(笑) でも悪役すごく良かったです。

マイティーソーは狙った笑いで爆笑しましたが、こちらはちょっと滑り気味だった気がします。ピーターの友人とか。



ブラックパンサーはうってかわってシリアスです。



カッコよかったです。

ほとんどアフリカ系の俳優の映画ってあんまりないですよね。国の設定もとても良くて、終わってから「ワカンダフォーエバー!」をさっそくやりました。

やりたくなるよね?笑

楽しみにしていたのはミショーン。ウオーキングデッドミショーン役のダナイグリラさん。
かっこええ~~!!!ミショーンのキャラより全然いいです。




写真の左下ですね。右上はルピタニョンゴさん。すごくかわいい!大好きです。かわいいと言えば、主人公の妹ちゃんがすごくかわいかったです。

見事なまでに黒人ばかりのcastの中でマーチンフリーマンががんばってました。

妹ちゃんがマーチンに「アメリカ人だよねー」とバカにするところ「アメリカ人じゃないじゃん」と思っていたら、見事な見事なアメリカ英語で「うわああアメリカ人だあ」と驚きました。
 アメリカ語!うまいですねーー!!

こちらもおもしろかったです。マーベルははずれないですよね。(なんとかマン嫌いとか言ってたくせにはまってる…)

でも3つの中ではマイティーソーバトルロイヤルが一番好きでした。

インフィニティーウオーはいつ行こうかなー。







2018年6月17日日曜日

Thor Ragnarok(マイティーソーバトルロワイアル)見ました。

遅くなりましたが、やっと見ました。

Thor Ragnarok 

2017年アメリカ映画 
IMDb 7.9

ラグナロクって何ぞと思い調べたら、北欧神話の世界における終末の日のことである。そうです。そして、邦題は何かな? と調べたら

マイティーソー バトルロイヤル!! ちょっとこけた。

なんでもバトルロイヤルってつけるのもうやめない~??

ソーは3作目(ですよね?)前作は見たんですが、多分1作目は途中まで。

当時は世界観がだめだったんです。スーパーヒーローものだめだあと思ってました。

その後アイアンマン アベンジャーズと見ながらハマっていき、キャプテンアメリカから一気に好きになりました。昔はあんな洋服ありえない~と思ってましたけど、かっこいいんですよ。キャップ♡

それでも、ヒーローものは何が何でも見たい映画ではないですが、父の日サービス(笑)

昨日ソーそして今日はスパイダーマンホームカミング。そして日曜日はたぶんデッドプール2を見に行きます。

夫の趣味爆発!笑 



というわけで、ネタバレ感想です。




主人公のクリスヘムズワースはもちろん超かっこいいんですが、ハルク役のマークラファロ大好きなんです。

見始めてすぐに思ったのは「ちょ!今回笑い取りに来てる!」でした。ぶは!って笑うようなところが多くて、嬉しかったなあ。あまりシリアスなのよりガーディアンオブギャラクシーのように笑いあり、のほうが好きです。

結構狙って笑わせに来てて、あんまり外してないですね。

クリスへムズワースはサタデーナイトライブでも証明済み、コメディーうまいと思います。ソーってこんな性格だっけ?と思うほど。

トムヒドルストンのロキも良かったですけど、私的にはまったのはジェフゴールドブラム!えええ?あの?ハエ男の?←さすがに古い あ、じゃあジェラシックパークのお?

この人今のほうがうんと素敵です。昔はあまりにも濃い顔が苦手だったんですが、超かっこいいおじさんになりました。

ケイトブランシェットも大好きな女優さんですが、この役はちょっと、どうなの?他の人でも良かったな。アンジェリーナ?とキャスティングしてみましたけど(頭の中で)あっちのに似てるか。

マーベル映画はシンクロしているのがすごく面白いですよね。あ!あの人が!とかあの場所だね!とか。忘れてて、息子にいつも教えてもらいますが。

今回はマットデイモンも見逃しました。あとからあの舞台のがそうだよって。えええ~~??驚きました~っていうかカメオわからないとだめよね。

こういうカメオ大好きなんですが、しょっちゅうツイッターとかでネタバレ踏みます。
カメオも言っちゃだめ~。←気が付かなかったくせに(笑)

画像も脚本も大満足でした。パロディーも結構あって面白かったです。

なによりなにより。移民の歌!!ぶちあがる~~~!!かっこえええええ!!

アクションもすごく良かったです。 







2018年6月14日木曜日

ブレーキングバッド シーズン5後半 最終回

あ~ついに終わってしまいました。

2回目なのに2回目のブレーキングバッドロス!

やはりこのドラマはすごいです。

シーズン4は最高って思ってましたけど、シーズン5の後半はさらに面白いですね。

普通はシーズン重ねると面白くなくなっていきますよね。フィラーといって長くするだけのエピソード入れたり。

このドラマは無駄が全くなくて、最終回まですごい緊張感が持続してました。

人気絶頂まさに絶頂の時にスパーンと終わる潔さ。すごいです。





ここからネタバレです。









シーズン5後半はつらいエピが多かったですね。

好きなキャラのマイクが殺されたり、ついにハンクまで。ハンク好きだったのになあ、またショックでした。

でも誤解してました。ジェシーは殺さないでくれと言いつつ、ハンクはウオルターが殺したのかと思ってました。でも勘違いでしたね。

ジェシーの事殺してくれって言ってたの忘れました。

ハンク殺しもトッドの叔父たち。本当に細かいところ忘れていました。

ウオルターついに最後に「自分のためだった」とスカイラーに言ったのが忘れられません。
さすがにこれは覚えていた(笑)

癌になって「自分の人生の意味」を考える気持ちとてもわかるんですよね。生きていた証と言うか。ウオルターある意味人生を全うしたなあって思いました。

家族も大事だったと思うのですが、何回もやり直せる時があったのに、麻薬作りを続けたウオルター。最後ああなっても満足だったかなと思いました。

最終回のマシンガンはすごく気持ちよかったですし、ジェシーも生きていて本当に良かった。これから真っ当に生きてほしいと思いました。

ドラマのキャラクターとはいえ情のようなものがわいてしまいます。

ブレイキングバッド2を作らないところが素晴らしいな。

そのかわりソウルのスピンオフって最高です。ベターコールソウル。8月に始まるそうです。すっごく楽しみです。

はああ、はやく~!










2018年6月6日水曜日

Netflix日本語字幕とブレーキングバッド シーズン5(前半 感想)


Netflixのニュースです。

「アメリカで猫とのんびり」という、もう一つのブログにも書きました。

ブログこちら→アメリカで猫とのんびり

アメリカのNetflixに加入している方。
オリジナルドラマなど日本語字幕ついているものが多いです。私は知らなかったので驚きました。
これは在米の皆さんにお知らせしなくては!とあっちにもこっちに書いてます(笑)

意外と皆さんご存じなのかな? 何をいまさら~だったら、ごめんなさい。







それでは今日のメイン

ブレーキングバッド シーズン5、前半 ネタバレ感想です。

本来の形ではBreaking Bad Season5は 16話です。

しかし日本のDVD事情なのか日本版はシーズン5はエピソード8話でシーズン5の前半まで、その後ファイナルシーズンと呼ばれ、エピソード8話になっています。

2つに分けて高くする作戦ですかね? 私個人の感想ですが。



それではネタバレです。




シーズン4の終わり方すごかったですね。サラマンカとガスの大爆発!ジェシーが大事にしているブロック君が間違ってリシンを飲んだと思っていたら、それもまさかのウオルター。
スズランの毒だったとの連絡の後にウオルター家のスズランが映し出されて、ウオルターの非道ぶりにがどんどん加速していきます。


シーズン5ではいきなり52歳のウオルターからのシーンです。髪もすっかり伸びて、偽のIDを出します。これで次のバースデーには逃亡中だとわかります。

ガスのラブを爆発し、証拠のカメラを取り返すため磁石作戦(!!)を決行して成功。
新しいラブがないため、害虫駆除中の家を使ってメスを作ることになります。

この頃からトッドという若者が仲間に。こいつがまた冷血な悪いやつ。エピソード5では列車からメチルアミンを盗み出すという大計画で興奮するエピソードでしたが、トッドが目撃者の子供を撃ち殺します。

大ショックを受けるジェシー。もう抜けたい、いや待てよといろいろありまして、ウオルターがジェシーに話があるから家に来い、そこにスカイラーが帰ってくるという私の大好きなエピソード6のシーンがあります。

ここ最高じゃないですか?すっごい変な空気で3人での食事。気を遣うジェシー、冷え切ってるスカイラー。めちゃ笑った。

シーズン5の後半いわゆるファイナルをもう見てますけど、ファイナル凄い緊張感です。

前半の1から6はこれから起こることの伏線と言うか、どんどんやばい方向へ転がりだして止まらなくなる石のような感じ。

どうするの?どうなるの?と見だしたら止まりません。

一度見ているのに(笑)

でも意外と細かいところ忘れてておもしろいです。スズランだっけえ?とかね。

それにしてもソウルグッドマンのセリフ面白すぎます。わざと若者言葉使ったり、変ないい方したりすごくおもしろい。夫と息子だけ笑ってるので「え?なになに?」と聞いて新しい変な言葉教えてもらってます(笑)日本語字幕はこういうところはさらっとですね。意味が分からなくなっちゃいますもんね。

ベターコールソウル シーズン4も8月6日から始まるということなので超楽しみです!!






















2018年6月1日金曜日

アンドリューリンカーン(リック)降板!!




ツイッターでアメリカのゴシップなどもフォローしているのでアンドリューリンカーンのニュース知ったの早かったのですが、遅くなってしもうた。
ウォーキングデッドを降板するようです。





シーズン9で6話だけ出るそう。

AMCの発表ではなかったのですが、「複数のサイトが発表」って書いてあったので確かなのかなと。ツイッターのドラマファンの皆さん大絶叫です。



ウオーキングデッド離れた方も多いので「べつにい~」と言う意見もありますが(笑)主人公ですよ?おかしいでしょう!って思っていろいろなサイトを読んでいました。

で、ノーマンリーダスはドラマに残る見返りに22億円の交渉していると!

20ミリオン~~ちょっとそれはどうなん? AMC側が金額提起したわけじゃなく、どうやらノーマンが交渉してるらしいですが、吹っ掛けすぎじゃないのお?と思いました。

ノーマンと言うかダリル大好きなんですよ。あのキャラクターが。でも演技はちょっとあれですよね。それにリックあってのダリルだし。主役となると微妙です。

リックいなくなったりしてねと書いたことあります。でも本当にやめるんだ~?とびっくりです。

確かにインタビューで

「イギリスに帰れないのがつらい」とか「もう十分にやったよ」とか読んだことありますけど、本気だった。

それにここのところ脚本もおかしいし、ぐだぐだと伸ばすだけ伸ばしていて、もういやじゃと思ったのかもですね。

ファンももういいんじゃないと思ってるくらいだから、演じている方はもっと思っているのかもですね。










ここからネタバレ







おかしいですよ、TWDの脚本。ミショーンとリックの恋がまず気に入らないし、カールのことがやっぱり大きいと思います。
カールが裏主人公っていうか、成長物語だったんじゃないの?って。
急に性格変わって「この人助ける!」ってなって。で、お父さんもあれだけ復讐の鬼だったのに「いやあ、敵でも殺すのやめたわ」とか。おかしいだろ!って思いますよね。

多分シーズン9で終わるような気がします。ここの所残念でした。きれいに終わってほしかったなあ。今ブレイキングバッド見てますけど、やっぱりすっごいです。何もかも無駄がなくて。

シーズン8でニーガンやっつけてきれいに終わるのが良かったんじゃないかなと思ってしまいます。




2018年5月28日月曜日

Dunkirk ダンケルク見ました。

ダンケルク』(Dunkirk)2017年





やっと映画チャンネルに来たので見ました。
すごく見たかった映画です。

IMDb8で評判も評価も良かったですし、なんといっても

トム・ハーディ―が出るから♡(笑) かっこええ~。


監督はクロトファーノーラン。イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画です。

第二次世界大戦のフランスダンケルク海岸からの撤退作戦が描かれています。

戦争映画は好きなのですが、リアリティーに徹して鬱になるほど後味が悪いものもあります。大傑作ですけれど(プライベートライアン)なども私はかなりショックでした。

このダンケルクも戦争を描いているので、もちろん衝撃シーンもあるのですが、私は見終わって、イヤーな気持ちになるどころか、ちょっとさわやかというか、本で言うと読後感が良かったです。

戦争映画のあまりにリアルな戦場のシーンが苦手な方も楽しめると思います。戦闘機から撃たれたりしますが、クローズアップで内臓が…というようなカットはないです。

海、陸、空と3つの視点のシーンも面白くて、空はやっぱりかっこいいよねえ。トムだし(笑)
若い兵士がなんとか脱出しようとするのですが、大苦戦。

実際はこういう感じだったんだろうなあと思います。とにかく逃げたい、もう嫌だ。家に帰りたい。そして後は(運)なんですね。残酷描写をあえて抑えて、戦争を描いた傑作ではないかと思いました。

(アメリカンスナイパー)も見たい映画なんですけど、これもかなり鬱になると聞いたので、考え中なんです。



さて、ダンケルク。もう有名ですが、ワンダイレクションのハリースタイル映画初出演です。

結構うまかったですよ。
もっとこう「俺スター」みたいな感じだと思ったら、いやいやレベル高かったです。

面白かったのは英国軍なので暖かい飲み物=ティーというところ。アメリカだったらコーヒーだよねと思いながら見てました(そこ?笑)
ジャムを塗っただけの食パンがすごくおいしそうでした。


民間船も活躍したんですね。この船に乗ってたおじちゃんが好きでした。

良かったです!







2018年5月23日水曜日

フィーアーザウォーキングデッド シーズン4 エピ6 ネタバレ




今日は最初からネタバレです。

ご注意ください。




















ワタクシ怒っております。
ジョンドーリーがアリシアに撃たれました。

助からなかったら、もう見ないから~!
プロデューサーにも手紙書いちゃう。

というくらいの怒りっぷり。

やっといいキャラが出てきたと思ってたのにい。

死んだってアリシアたちが言ってたローラことナオミ
最後に出てきて、どうも悪いやつらの仲間だったらしい。

で、アリシアが撃とうとしてジョンを撃っちゃった。

ナオミがマディソンを殺したんですかね?
なんとなく、そう思いました。

前半はモーガンとジョンの活躍があったりしてキャッキャ楽しんでました。
ジョンの早撃ちが気持ちいいんですよ。
リックはいつも外して、それでも元警官かっていつもいらいらしていたので。
すごくヒーローっぽい人大事だと思うんですよね、ドラマの中で。

モーガンと良いコンビで活躍してほしいのになあ。
ぜひ助かっていただきたい!

と、あらすじもなしの感想でした。

2018年5月18日金曜日

ブレーキングバッド 一番好きなシーズン4 ねたばれ

毎日1話見返しています。




夕食が終わり、それぞれデザートや飲み物を持ってソファーに集合。
3人で真剣に見て、感想を言ったり。た、楽しいな~

ブレーキングバッドは歴史に残る傑作ドラマ。

その中でもシーズン4は最高に完成度も高く素晴らしい出来なのです。

ドラマをシーズンでわけたら、ブレーキングバッド シーズン4は私の中ではナンバーワンです。

シーズンですごくいいのと悪いのありますよね。

ウォーキングデッドはシーズン1が素晴らしかった。フランクダラボン監修で2も撮るはずだったとか。で、アトランタの町でのゾンビ対ミリタリーの決戦を撮りたかったとか。

みーたーかったー!!

プリズンブレイクも1が名作。 

ナルコスは3がすごく良かった。

ベターコールソウルは前シーズン3が良かった。

と、皆さんお気に入りがあると思うのですが、ブレーキングバッド4は興奮興奮また興奮です。

特に完成度が高いと私が思っているのはエピソード10です。




ネタバレ




ガスがメキシコのボスのところに行くシーン。あのプールはパートナーが殺された同じプールなんですね。

で、毒薬で皆殺しのシーンはドキドキハラハラしてすごく良かったですし、その後のジェシーの射撃シーンはカメラワークが最高でした。

シーズン3までジェシーはグダグダな時も多くて「しっかりしなさい」って言いたい感じだったんですけど(笑)シーズン4から、もうメキメキ人好きのするキャラに
「この人良い人~~殺さないで~」と全米が叫んだ!かどうかはわかりませんが、見てた人皆が好きになってしまうジェシー。スタッフも同じで、それで命拾いしたのだとか(笑)なんか、わかる。

夫はマイクが大好きで息子はソウルグッドマン。皆それぞれ好きなキャラがいます。

キャラクターの作り方がとてもいいと思うんですよね、トゥコやサラマンカ。ガスも皆とても個性的で。

ジェシーの友人2人もいい味出して好きです。

ベターコールソウルもすごく面白くて、ブレイキングバッドを見ていたらより楽しいです。意外と細かいところでイースターエッグ(他の映画やドラマのキャラがひそかに映っていたりする)があるんです。

シーズン4に戻りますが、最終回がまたすごい! これもアメリカドラマの歴史に残りますよね。チーンチーンがここで生きてくるとは!!(笑)

買ったブルーレイセットにシーズン4のスペシャルメイキングがついていたので、これも家族と見るのが楽しみです。

今シーズン5の後半です。5とファイナルは8話ずつで、今から終わっちゃうー終わっちゃうーと騒いでます。


たぶん、いつか3週目するよね(笑)



2018年5月15日火曜日

フィアーザウォーキングデッド シーズン4 エピ5 ネタバレ


何時もネタバレありの感想になってしまいます。

あらすじにまとめるのが苦手で、というか、あっという間にあっという間に忘れるので、突っ込みど頃しか書いてないですね(笑)

ものすごく細かくあらすじを書いているサイトの方はメモを取っているのかな?
尊敬します。





ではネタバレで___________





さて、このエピソード5は新キャラのジョンドリーと前回わかったナオミ=ローラとの過去話です。

ジョンはローラを探し求めていましたが、あの野球場にいたころのマディソンがゾンビタンクに飛び込んで助けたナオミがジョンのローラだった。それが前回エピソード4でわかりました。

野球場からさらにさかのぼり、荒野の掘立小屋のようなところにジョンが暮らしいるところからです。

すんごく似合う(笑)

この俳優は知らなかったのですが、味がありますねー。悪役が多いそうです。
夫はあ!いい俳優だよ彼はって最初から言ってました。色々出ているようです。


ジョンはゾンビ対策に家の周りに柵を掘り、魚を釣り、夜はビデオを見る(電気はジェネレーターですかね?)寂しい生活をしていて、そこへ流れ着いたケガした女性がローラだったのです。

最初は敵意むき出しのローラさん。でも優しいジョンさん。
警戒心まんまんのローラさん。でも優しいジョンさん。

傷が治るころにはいい感じになって。

でも「やっぱり出ていくわあ」のローラさん。
「愛しているんだ」ジョンさん。

え?いつのまに?

いつもだったら、なんだよそれって怒るようなスローなエピソードでした。
でも私なんだか、とっても好きだったなあ。

西部開拓時代の短い映画のようでした。

ジョンドリー(Garret Dillahunt)が良いから。だけなんですよね、きっと。

本家ウオーキングデッドも合わせて全キャラの中でダリルと1位2位を争うくらい好きです。いつも飴ちゃんを誰かにあげるところかわいい(笑)












最後に現在に戻ってモーガンと話をしているところ。もうこの2人だけでいいな。後新しい女性も好き。3人で再出発して欲しいと思いました。





野球場で何があったのか気になります。ニーガン的な同じことかな?

2018年5月11日金曜日

フィアーザウォーキングデッドシーズン4エピソード4 ネタバレ

シーズン4になり、ぐいぐい攻めておりますフィアー。
今回のエピソードは私はイマイチだったのですが、面白かったという意見も多いですね。

真剣に見ていないのか数日たつと忘れています(笑)
と、いうか。真剣に見てても意外と忘れているなあと大好きなブレーキングバッドを見直しながら思っています。

今ブレーキングバッドシーズン4見直し中ですが、最高ですね。
最高の出来だと思うエピソード10を見て、もう腑抜けになりました。

で、書こう書こうと思ってた(ちょっと投稿サイトのほうが忙しくてすみません)フィアーも抜けちゃいました。

なるべく思い出しつつ、ネタバレ感想です。




現在過去が行ったり来たり。

現在のほうがモノクロに近い色褪せたカラーで、ちょっと面白いですね。

過去編ではアリシアと新しく見つかった人(ほら、名前忘れてるー)タンクで助けられた人が一緒に食品探しにでかけます。

ウオータースライダーの上に何かありそうだと、2人で登っていくんですが、ここつるつる滑ってハラハラ。プールにゾンビがうようよしてるので。水ふやけのゾンビ、おええ。

すべるように作ってある滑り台だものすべります(笑)きゃーって言いました、はい。

現在のシーンはインタビューで過去に何があったかを少しづつ話していくので、ここは私はちょっと退屈でした。

特にニックと彼女が図書館に本を探しに行く所とか。

そこで地図を見つけて適当に開いたところに行こう、とか。

そして、そうしなければ良かったと後悔するんですが、なにがあったのかなー。

マディソン出てこないです。やられちゃったよね、きっと。

結構楽しみになってきました。 シーズン3は嫌いでしたけど4は面白いです。












2018年5月4日金曜日

ブレーキングバッド シーズン3 ネタバレ感想

☆以前見たブレーキングバッドを今度は日本版ブルーレイを買い、まだ未見の息子と私のようにもう一回見たい夫と3人で毎日エピソード1つずつ見ています☆


ネタバレアリの感想なのでお気を付けください。




大傑作としか言いようがないブレーキングバッドですが、シーズン3は1と2に比べると家庭の問題が起こり離婚を迫られたりと、すこしだけスローダウンするエピがあります。
前半はウオルターとジェシーの仲たがい。

有名な(ハエ)のエピソードはイマイチだと思うんです。このエピソードはウオルターが少しおかしくなりかけているような描写なのだと思うのですが、ちょっと長すぎましたね。確かエピ10なので、ちょっと休憩ね、なのかな。

3ではハンクの精神状態もかなり悪くなっていきます。エルパソ行きを辞退してブルーメスの捜査をし、RVを突き止めます。RVを処分しようとしていたウオルターのところへジェシーが行くのですが、ハンクに尾行されていました。ここすごくハラハラしました。

ソウルに電話して奥さんが事故だと嘘をつくのですが、怒ったハンクにジェシーはぼこぼこにされて病院送りになります。慌てて病院へ行くウオルターですが、まだ仲たがいしたままです。

バッジと銃を取り上げられた日に殺し屋2人から命を狙われるんですが、手に汗握りました。ここはシーズン一番の盛り上がったところです(私てきに)


ほとんど話さずに冷酷に殺しを重ねる兄弟。怖い怖い

ちょいあらすじ

本来の標的はウオルターでしたが、金を生むウオルターを殺されては困るガスが「ハンクにしろ」と命令するんですよね。ハンクも撃たれますが、反撃して一人を殺し、一人は病院へ。ウオルターを見た殺し屋が目の色変えてベッドから転げ落ちたとき両足がありませんでした。忘れてたのでかなりショックです。

結局マイクに殺されますが、どうやって病室に入ったのかなマイク。

ハンクも下半身不随状態になってしまいます。シーズン3の11から最終回までは大興奮なエピソードでした。

負の連鎖というか薬物治療の場で出会った女性の弟がジェシーの友人を殺した犯人で、それが命令で行われたことを知りジェシーは二人を殺そうとしますが失敗して呼び出し。

無理やり仲直り(笑)をさせられますがジェシーは「子供を使ったことが許せない」と言いガスは「もう子供は使うな」と言うんですがこの二人はその子供を殺してしまいます。

怒ったジェシーは拳銃を持って行き、反対に殺されそうになりウオルターが車で二人をはねて殺します。

当然ガスは怒り狂い、助手としてゲイルを送りブルーメスの作り方を盗ませようとします。ゲイルが作れたらウオルターはいらないわけで、それに気が付いたウオルターはジェシーにゲイルを殺すしかないと説得します。

ある夜車でラボに連れていかれたウオルター。マイクが待っていて危機一髪な時にジェシーに連絡して「やれ!」と。ジェシーはゲイルを撃ってしまいます。



感想

ジェシーは薬の売人とはいえ人殺しとかできないタイプなんですよね。メンタルが弱い。
ウオルターはジェシーを息子のように感じているんですね。脳性麻痺でもしっかりした息子がいるのにね。

かわいそうなのはゲイルですね。
何も悪くないし、ウオルターのことを尊敬までしていたのに。

それにしても脚本が素晴らしいです。

あんまり入れなくてもいいのになというハンクとマリーの関係などもありますが、性格を掘り下げるのに必要なんでしょうね。

それにしても皆本当にうまいです。

ガスも表情がポンと変わるし、最高です。我が家はマイクとソウルが出ると大喜びですが、私はジュニアが一番好きなキャラです。ハンクのキャラも面白いですね。

キャラクターが好きだとドラマにも熱が入ります。反対にストーリーが良くても俳優がへただったり、好感が持てないキャラだと見たくなくなってしまいます。

ブレイキングバッドは脚本もキャラクターも俳優も皆素晴らしいです。

もうシーズン4の4まで見てしまいました。あああ~終わっちゃう2回目だけど~。









2018年4月30日月曜日

フィアーザウオーキングデッド シーズン4エピソード3 ネタバレ

シーズン4おもしろいですよ。

今までで一番面白いです。

でもエピソード1がすごく良くて2でまた「この展開かよ」になったので見るのやめようかなーと思ったりしたのですが…すごかったよ、今日は。


というわけで、超絶ネタバレです。











前回のエピソードはいつのまにか野球場で生活していたマジソン達が中心でした。
最後にトラックが次々やってきてニーガンみたいのが来て「またかあ」と。

そしてエピソード3はウオーキングデッドによくあるような過去と現在をフラッシュバックで見せる手法。わかりにくい、これ。

現在のにマジソンがいないのでニーガンもどきたちに殺されたのかなと思います。


現在のシーンのモーガンはまた「殺さない」って言ってます。でもちょっと目が変(笑)

私の好きな新しい2キャラも出て、ちょっと嬉しい。

モーガンとニックがちょっといい感じになってきて、お!お友達になるんかな?と思ったのですが、ニック殺されちゃいます。

ええええええ~~~~!!びっくりしましたよ~~!

モーガンからじゃないですよ、ニーガンもどきみたいなのを見つけてニックが殺します。何かひどいことされたんだろうなーという憎しみ方。モーガンは止めるんですが、聞かず。
結局このことで仲間の少女から撃たれるのです。


マジソンいないのならメインキャラだと思ってたのに、びっくりしました。

確かに新キャラ3人でやり直してと思いましたけど、驚くよねえ。

アリシアがメインになるのかな?ニックの彼女もいらないなあ←ひどい。

怪しい雲行きになってきました~~!!









2018年4月28日土曜日

IWとか見たい映画がたくさんありますが…


なかなか映画館に行けないです。
 
家から車で数分のところに映画館があるのに!

昨日からツイッターではインフィニティーウォーで盛り上がっていますね。

見たいなとも思いましたが、まだブラックパンサーとかソーを見ていないので、レンタルまで待つかな?でもきっとそのうちネタバレを踏む気がする~。なにか大きなことがあるらしい~。

しかーし、私が一番見たいのはクワイエットプレースです。すっごく怖そう。夫はデッドプール2が一番見たいと。これはまだですね。

映画館上映はすぐに終わっちゃうし、すぐにDVDでるし、それよりテレビでデジタルでレンタルできるので、ついつい足が遠のきます。

映画館で見るべきなのはこういうマーベル作品や超大作だと思うのですが、私が「これが見たいのよ~」と思うホラー作品は映画館で見るともったいないかなとか(笑)けちい~。

今年は大作がたくさん上映されるようです。もっと映画見に行きたいなと思います。

ちなみにオハイオの映画館はバーがついておる~。


2018年4月25日水曜日

フィアーザウォーキングデッドS4-2 もう見なくてもいいかなと思った回

fear the walking dead season 4 エピソード2




エピソード1はすごく面白くて、このままcastを一新して始めればいいのにと思いましたが、そうはいかず~。出ちゃった、帰ってきちゃった、マジソン達。いらな…


がっかり展開で、またあああと思いましたです。




というわけで、




ネタバレ感想




1の最後に出てきちゃったマジソン軍団。6か月前にさかのぼります。さかのぼらなくてもいいのに。
野球場で生活しているようです。もう1年にもなると。あの川に流されたシーズン3から多分3年後くらい?その間の話あるのかな?なくてもいいけどな。
かなり人間らしい生活をしています。

女の子を保護して両親を探しに行きます。

で、あれこれあって。


中略



トラックの団体がやってきます。

「わ~でたニーガン?」

さすがにそれはクロスオーバーしないけど、ほとんど同じような軍団です。

もういいよ、こういう展開。

制作がスコットギャンプルになったので、また同じ感じになるのかなー?

6か月前というので、多分この軍団に野球場とられちゃうんでしょうね?人間対人間はもういいです。

早撃ちとトラックねいちゃんとモーガンで旅を続けてほしいなと思いました。

3まで見て続き見るか考えます~。









2018年4月24日火曜日

素晴らしいドラマ ファーゴ 旧ブログより


古い記事シリーズです。←勝手に命名 ーー2017年4月の記事


Fargo



映画のファーゴも大好きなんですが、今回はドラマ版のファーゴです。

めちゃくちゃ面白いです。


サスペンスですけど、ダークユーモアです。


ブレイキングバッドに近いユーモアかもしれません。

「え?ここ笑って良いのかな?不謹慎かな?でもおもしろいな、あ~あやっちゃったよ」みたいな

映画の「ファーゴ」も大好きです。 

映画版を見た方はわかると思うのですが、同じような独特の空気が流れています。

血が出るシーンでもすっとぼけているっていうか、サスペンスフルなのにのんびりした感じっていうか。

映画の方は妊婦の警察官が主人公なんですが、あの発音にまずやられます(笑) 


オーィヤー?ってのんびりした感じ。ずっと真似しちゃう。

こちらは映画 「ファーゴ」
51En1hf1PvL._AC_UL320_SR254,320_


映画版とドラマ版ではストーリーが違うのですが、シンクロしているところもあり、見ていたら「おお、ここ~」だねえとニヤニヤ。

映画を見てなくても楽しめます。


私の好きなベイツ・モーテルもそうですが、最近映画をドラマにというのが多いですね。


映画から大まかな設定は同じだけどストーリーが違うというもの。

打ち切りになった「ハンニバル」もそうでした。残酷だったけどアートに近くてすごく好きでした。




話をファーゴに戻しますね。

まずキャスティングがすごいです。

今情けない中年男性をやらせたら世界一だと思うマーティン・フリーマン(ホビットのビルボ!)




それから抜け目ない悪い役がピッタリのビリー・ボブ・ソーントン

トムハンクスの息子コリンハンクスもいい味出してましたね、いらいらしたけど(笑)

それからな~んと「ブレイキングバッド」のあの弁護士ソウルのオデンカークマンも出てました。


この弁護士のスピンオフのドラマの「ベターコールソウル」もすごく面白いです。

ソウル役以外見たことなかったのですが、この人演技がすごくうまいです。


この役は人の良さげな、でも事なかれ主義な署長。

いるいるこういう人って思いながら見てました。



Wikipedia から簡単なあらすじを

シーズン1のあらすじ

2006年1月、ローン・マルヴォ(ビリー・ボブ・ソーントン)はミネソタ州ベミジーを通りがかり、レスター・ナイガード(マーティン・フリーマン)をはじめとする地元の人々を殺人事件に巻き込む。警察副署長のモリー・ソルヴァーソン(アリソン・トルマン)とミネソタ州ダルース警察の警官ガス・グリムリー(コリン・ハンクス)は協力して事件の解決に当たる。


巻き込まれ型サスペンスバイオレンスコメディーって言う感じでしょうか。

このレスターナイガード(マーティン・フリーマン)

最初もう見るからにダメダメであたふたオタオタする芸を見せてくれます。(笑) 

どんどん深みにハマっていくところは映画と似ているかな。 

エピソード6だったかオデンカークマンがマーティン・フリーマンの話を聞くシーンがあるんですけど、この2人の顔の演技が見ものです。ここ笑いました。

それから警察官役の女性がとってもいい味出しています。

ドラマは続きものがやはり好きです。 

ファーゴは10話で完結。 最後まで面白かったです。

Season2は時代が違うそうで、また買おうかネットフリックスで見ちゃうか考え中です。

映画解説者の町山智浩 テレビドラマ版『ファーゴ』を語る のラジオの書き起こしが面白かったです。

例えばこの部分とか

 (町山智浩)画面で起こることは要するに白い雪の上に血がバンバンバンバン飛び散る、ものすごい連続殺人の話なんですけども、出てくる人がみんな間抜けでですね。みんなドジで。クドカンのドラマに出てくるような人ばっかりなんですよ。
さすがです。

バイオレンスとコメディーのぞくぞくする背中合わせの名作です。