2018年2月17日土曜日

これから見たい映画 スリービルボード


スリー・ビルボード』(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)は2017年アメリカ合衆国で公開されたドラマ映画である。監督はマーティン・マクドナー、主演はフランシス・マクドーマンドが務める。

Wikisより。

大傑作だそうです。ずっと見たいみたいと思っていましたけど映画館に行く時間があまりないのと(すごく近くにあるのに!)大画面で見なくてもいいかなと思いました。

スーパーヒーロー物なんかは大画面が良いんですが(嫌いじゃなかったの?ううん、今やファン❤笑 楽しみなのはトム・ハーディーのヴェノムとかブラックパンサー)

こういう静かなサスペンスもの(あくまで推測ですが)家でじっくり見たいかなと。
あとまた英語が心配だったというのもあります。だって映画館は英語字幕がでないのよ?(笑)

フランシスマクドーマン大好きです。ファーゴのマギーがすごく好きでこの映画もまだ持っていないのでブルー買いたいです。ノースダコタのアクセント(なのかな?劇中のセリフとか)夫としょっちゅう真似してます。←映画関係ないけど。

この人の演技が見たい。ハリウッド女優は顔の皮膚が引っ張られて不自然な人が多い中、こういう自然な人貴重ですね。

  HuffPost


アメリカでは On demandの配信がはじまりました。まだレンタルはなくて購入だけです。早く見たい~。 













2018年2月11日日曜日

Zodiac 見ました。

     Zodiac

  

2007年 デヴィッド・フィンチャー監督
主演 ジェイクギレンホール ロバードダウニーJR マーク・ラファロ

出演が好きな名優ばかり。前から見たいなと思ってDVD買ってありました。

Netflixのドラマ マインドハンター があまりにも面白かったので、同じ監督で連続殺人の捜査ものだったので期待大! デヴィッド・フィンチャーのエイリアン3は嫌いだったのですが、セブンは大好きです。

難事件の捜査ものと法廷ものは映画のジャンルとしては一番好きかもしれません。

でも英語が結構難しいです。英語字幕つけてささっと単語を紙に書いて調べたり、夫に聞いたり、話が頭に入ってこない事多いのです。なので最近はこれはと思ったら日本アマゾンで購入します。

経済とかね、法廷とか、政治とかね、んもう全滅。べんきょーしてるんだけど~あんまり使わない言葉だもんねえ(と言い訳)

で、これは日本語字幕付きで正解だったゾディアック。


ゾディアック事件とは 1968年から1974年にかけてサンフランシスコで5名が殺害された事件です。(自称37名)
犯人から暗号の声明文が何度も届きます。今でも捜査継続中の未解決事件です。
暗号はさっぱりわかりませんが調べてみるととても興味深いです。いろいろな説があります。

この映画の元はジェイク・ギレンホール扮するグレイスミスが独自に捜査をして書き上げた本が原作です。

ちょっと変わった役が上手い ジェイクギレンホール
本当は優秀なのにチトダメダメな役が上手い ロバート・ダウニーJR
まじめでコツコツ人間味にあふれた役が上手い マーク・ラファロ

演技陣は最高でした。

私はとっても好きな映画でしたけど2時間半はチト長い。最初の1時間位はおおおおとテンポも早く大興奮ですが、途中がちょっとだれちゃう感じ。

それにしても感心するのはデヴィッド・フィンチャーカラーというか、雨の降らないカリフォルニアにじゃんじゃん雨降らしちゃう(笑)

サンフランシスコエリアは夫の出身地で何回も行ってますし、LAには3年ほど住んでいました。
本当に、雨、降らねえよ?(笑)空も真っ青。

なのにフィンチャー映画はどんよりと暗い空から雨がジャージャー降ってくる。セブンもLAだというのにザーザー降ってた。すごくいい雰囲気。(はい、褒めてます。陰鬱でいい)

ゾディアックはセブンを彷彿とさせるシーンもありますが、何と言ってもマインドハンターの世界感がでてます、まあ映画のほうが10年位先なんですが。

ある容疑者に会いに行く場面とかマインドハンターの刑務所内インタビューのシーンにそっくりです。

最初の方の凄い緊張感のあと中休みがあって、後半結構怖いシーンもでてきます。ある人物に会いに行く場面なんですが、羊たちの沈黙の後半のハラハラを思い出しました。ここは怖かった。



ほんのりネタバレあります。


実話に基づいているので犯人はわからずじまいです。かなり近いところまで行くのですが、現実はなかなか難しいですね。いかにも怪しいのに証拠が揃わなかったり。 映画の中でも刑事がダーティーハリーを見ていて「見ていられない」と出ていくシーンがあります。これは映画の中みたいにバンバーンと解決するかよ。というイライラですね。

っていうかダーティーハリーまさかの未見でジェイク・ギレンホールにネタバレされました(笑)早く見なくちゃと録画しっぱなしだったのに「こうやって終わりましたよ」って言いに来ちゃう。あ~ん言っちゃったあ(笑)

映画の内容以外に私が好きだったのはマーク・ラファロ演じる刑事です。日本語字幕では「クッキー」となっていましたが(アニマルクラッカー)アメリカでは小さい子が大好きな食べもの。日本で言うとボーロとかナビスコとか。うちもよく買ってました。それがすごく可愛かった。

それからBLTサンドを半分もらってトマトを出すところとか細かくて好き(笑)食事シーン結構好きです。こういう所結構見ちゃいます。

後この刑事に新聞に漫画を載せているグレイスミス(ジェイクギレンホール)が情報をくれと食い下がる所。

「俺は何も言えないんだ、規則で。だからナパにいるナーロウに聞いてみろとも言えないんだ」といって字幕ではナーロウと繰り返してましたが、英語ではスペルを言ってあげてました。
その人の性格がよく出ているようなこういう細かいシーンが好きです。




映画も素晴らしかったです。






2018年2月8日木曜日

今年見たい映画 Death wish 2018年

Death wish 2018年


このタイトル!またホラー?い~え違いますよ。
日本のタイトルはまだわからないのですが…

1974年チャールズ・ブロンソン主演の「狼よさらば」のリメイクです。


ホラーじゃないよと言いましたが監督はイーライ・ロスです。こ、これは…期待大

2018年リメイク版の主演はブルース・ウイルスです。





それからこれまた大好きなディーン・ノリス


ていうか、この2人すごく似ていると思うのですが、あまり映画を見ない方には区別つかないのでは?と心配です。



さらに大好きなヴィンセント・ドノフリオです。 これは見るなという方が無理です。
ドノフリオさんフルメタルジャケットが有名ですけど、最近の何とも言えない優しげな感じの役も好きです。ジャッジとかの。そっちのほうがきっと性格に近いと思う~。




全員ハゲ(笑)わーい!



でっかいハゲの人大好きです。

ディーンノリスは小さいんですけどガタイが好きです。アンダー・ザ・ドームはひどいドラマでしたけど、ディーンノリスだけ良かったです。もちろんブレーキングバッドも。

ちなみに夫も同じグループっていうか(笑)今はあごひげボーボー伸ばしてますけど、昔よくブルース・ウイルスに似てると言われてました。もちろん後期のです(笑)

これは見なくてはいけません。

私は映画好き~と言いつつ(狼よさらば)見ていないんです。



先に見るか、これ見た後に見るか今悩み中です。

チャールズ・ブロンソンもすごく素敵ですが、なんと一本も映画見ていませんでした。

古い古いコマーシャルの「う~んマンダム」しか知らない(笑)

狼よさらばの続編がロサンジェルスという題名で、なんで狼よさらば2じゃダメなんかなあ?また大人の事情でしょうか?

3月公開 楽しみです。












2018年2月6日火曜日

ワナオトコとパーフェクト・トラップ

ワナオトコっていう、もうどうすんのこれっていう題名の映画ですが、英語では

The Collector (2009) IMDb6.4



かなり前に見て、結構面白かったんです。すご~くグロいんですが(また)ストーリー脚本もしっかりしてるし撮影も良くて、いわゆるいい意味で裏切られた、拾い物ホラーでした。

 もちろん突っ込みどころはありますが、ふ~んよくできてるうと気に入っていました。

 で、当時「あ、日本の題名は何かな?」と調べたらワナオトコ。

    ワナオトコでございます。

しかもパッケージに【その罠、匠の技】笑いました。確かに凄い罠なんですけれども。


スプラッターでスラッシャーがダメな方は見ないほうが良いですが、ホラー好きな方、結構面白いです。ただ、動物に対してあんまりよなシーンもあります。もちろん人間に対してはもっとあんまりよなんですが。ソウシリーズ3からの感じです。というかソウシリーズ4以降の脚本を手掛けた人が監督だとか。納得です。

だいぶ前に見てかなり内容を忘れていますので、今度また見てみます。

今日はこの続きの

The Collection (2012)IMDb 6.1

The collector の続きだから The Collection わかりやすい!

でもね、日本の題名はね、奥様。パーフェクト・トラップだって。 

ワナオトコの続編がパーフェクト・トラップなんて絶対に気がつきませんわよ。




日本の大人の事情だとか。そうなのか。確かにパッケージはそっくりです。

で、この2ですがNetflixに来ていたので昨日見ました。1を見ていなくても分かる内容になっています。

罠のスケールが大きくなっていて、冒頭からものすごい血しぶき。グロいシーンはまあまあOkなんですが、大量の血がちょっと苦手なので「や、やめようかな」と思いました。

ブレイドを見るのやめた経験あります。ブレイド1クラブの天井から血が降り注ぐシーンを見てスーッと自分の血の気が引いてしまいました(笑)

しかーしパーフェクト・トラップは最初のクラブの大量殺戮シーンを超えたら、ワタシ的にはかなーり面白かったです。


主人公のショートカットの女の子見ているうちにどんどん好きになっていきます。正義感もあってかっちょいいいです。

前回の主人公の男性も出るんですけど、この人の顔面白いですね(笑)なんていうか良い人なの実は悪いのかよくわからない不思議な感じです。


私は結構夢中で見ましたけど、スラッシャーホラーやグロイのお嫌いな方はもちろんおすすめしないです。というかこのパッケージで最初から見ないよね(笑)


最近すっかりホラー映画ブログになってしまいました~すみません。
次回はこれから見たい映画やドラマなども書きたいと思います。






2018年2月3日土曜日

ドラッグ関連のドラマ


ドラマや映画の趣味がおっさんというか、あま~いラブストーリーよりはホラーとかギャング同士の抗争とかシリアスな刑事ドラマとかが好きです。最近はドラッグ関係のドラマや映画にはまっています。


ドラマの最高峰はやはりこちらブレーキングバッド。昔何回か書いていますけど、今度また最初から見るのでシーズンごとに書き直します。ブルーレイを買っちゃいました。息子はまだ見ていないので、じゃあ3人で見ようと。これから見るなんて羨ましいです。このドラマは本当に本当に面白かったし、役者陣も素晴らしいです。語り出すと長くなるので、このドラマはまた今度少しづつ感想書きます。









今日は最近見たネットフリックスのナルコスです。


1と2は実在した麻薬王パブロエスコバルの物語です。公式サイトより簡単なあらすじ


強大なコロンビアの麻薬王、パブロ・エスコバルの麻薬取引は、それまでの麻薬捜査を一変させた。それは捜査官を命の危険にさらす、さながら戦争のようだった…





この当時のニュースは殆ど知らなかったですし、歴史の勉強にもいいかなと見始めたのですが、このドラマの特徴はほとんどスペイン語の会話だったので、思わずスペイン語の勉強になりました。何回か書いたのですが、最初は字幕を英語で追うのが辛くて「目が痛い~」と言っていましたが、それ以上におもしろくて、特に2は一気見でした。

DEAのペーニャ捜査官 ペドロパスカルこの役にぴったりでした。すごく70年台の雰囲気が出てますね。アメリカ人捜査官と麻薬王との息詰まる(戦争)これが実話っていうのが一番驚きます。なので、時々差し込まれる本物のニュースなどあり、ドキュメンタリーを見ているようです。



見終わってからネタバレサイトなど読むのが好きなんですけど、ナルコス役を演じた俳優
ヴァグネル・モウラ(Wagner Moura)なんとブラジル人だとか~!!しかーもスペイン語話せなかったのだとか!うそーーーん!!

たしかにゆっくりだなと思っていました。麻薬王だから貫禄つけてるのかなと。それからスペイン語と言えども部下の数人もコロンビアのアクセントではないそうです。これは本当にびっくりです。

ハリウッド映画に日本人が出てきて、でも中国なまりがあるみたいな感じでしょうか?
それともそれほど違和感ないのかな?ぜひスペイン語話せるお友達にきいてみなければ!!

さて、今日はこのナルコス3についてです。

3からパブロ・エスコバルではなくてヒルベルトとミゲルのロドリゲス兄弟が率いるカリ・カルテル中心です。






今回もペーニャ捜査官。語り手になります。
私はこの3が一番おもしろかったです。最初から見たほうが良いですけど、この3だけでもいいくらい。ものすごい緊張感がずーーっと続きます。




このホルヘさんのシーンの緊張感と言ったら!!久しぶりに足バタバタさせてドラマ見ましたよ。ネタバレ無しで見て欲しいと思います。大興奮です。



シーズン4は今度はメキシコの麻薬戦争に舞台を変えるそうですが、どうなるのかな?危険ですよね。ペドロパスカルさんは降りるそうです。やはり事件のことがあるのかなと思いました。撮影が安全に行われますように。

映画の方はあまり見ていないかもです。

最近見たのはボーダーライン(面白かったと思うけどあまり覚えていない…)麻薬と言えば古くはスカーフェイス。好きです。テレビであると Say hello to my little friendのところ言っちゃいますよね?え?言わない?
スカーフェイスはカテゴリーはギャング映画ですね。いつかまとめたいなと思います。