2017年10月29日日曜日

ライフ Life  (2017年)見ました。

ライフ Life


ベン・スティーラーのほうのLIFEも昔見ましたけど、今日は今年のほうのLifeです。
すごくおもしろかったです。



私の大好きなジャンル SFホラーです。
宇宙で何かが……見る!!って言うくらい好きなジャンル(笑)
あ、でも宇宙ものは嫌いなんです。あくまで宇宙ホラーが好きなんです。

大好きなクリス・プラットでも宇宙ラブストーリーみたいな(違ってたらごめん)パッセンジャーは見ませんでした。

あくまでも怖いのが良いんです。逃げられない状況での恐怖。

主演はジェイク・ギレンホールでライアン・レイノルズも出ます。アーンドポスターにはいないのですが世界の真田広之が、サブくらいの結構良い役で出ております~日本語話したりして、いいね~。



国際宇宙ステーションのクルーが火星から持ち帰ったサンプルに地球外生命体が存在した。おお~と盛り上がるんですが、少しづつ大きくなり…って言う王道ストーリーですが、IMDbは6.6でしたけど、私は好きでした。よくできていました。面白かったです。






ここからネタバレ








良いですか? ネタバレますよ?








カルヴィンって名前までつけちゃったエイリアン。生物学者のヒューがまず手をバキバキに骨折させられちゃいます。 ライアン・レイノルズもあっという間にしんじゃいまして、すごくびっくりしました。え~~こんなちょっと役に使っちゃうのお?って。

真田さんは結構出ますよ、素敵~。やっぱりうれしいですね。
ジェイク・ギレンホールの顔かっこいいけど怖いよね? ちょっと前にナイトクローラーって映画見たんですが、これもすごく面白かったです。事件現場を撮るカメラマン役なんですけど、狂気に染まっていく目つきがもう怖い怖い。

また話が飛びましたが、前半どんどん皆やられちゃいますの。で、カルヴィンは最初はミジンコそれからヒトデ。その後タコそっくりになってちょっと笑いそうに。

ただ、特撮結構しっかりしているのでチャチくはないです。シュルーっと逃げる様子はエイリアンのフェイスハガーですね。動きが似てて、ちょいパクリ?

でもこういうの大好きなので同じのあっても良いもんねと見ていました。

一番良かったのが最後なのです。

ものすごい後味の悪さ!!このバッドエンドが最高でした。

ネタバレなしのレビューを見たのですけど(驚愕のエンディング最悪のラスト)って、ええ、それもうネタバレですね。小説もそうですよね。そういうの書いちゃダメ。

この映画もハッピーエンド風だったのに、読んでいたから「あ~~わかった~~」って言っちゃいました。もっと驚きたかったよ。

映画は真っ白な心で見たいですね。

ただ、映画見た後でネタバレサイト見るの大好きなんですよね。
うんうん、そうだよねえって楽しく読ませてもらっています。


昨夜はナルコス シーズン1見終わりましたので感想書こうかな?

1つ前の記事でお薦めしてたマインドハンターはいわゆるビッグワードが多くて、とても難しかったのですが、このナルコスはほぼスペイン語で英語字幕を追うのに疲れました。
読むの慣れてきましたよ~~。読書好きになるかも(笑)

2017年10月26日木曜日

マインドハンターシーズン1 エピソード8.9.10 ネタバレ

マインドハンター終わっちゃいましたああ。

久しぶりにハマったドラマです。
さすがデビッド・フィンチャーというか、ほんとーーーに面白かった。

今日はネタバレありありで…





初々しかったホールデン捜査官。途中からちょっと変わっていきます。

これやはり殺人犯と何度も会って話しをして友情みたいなものも芽生えたりして感化されるんだろうなと思って見ていました。

殺人犯の口を開かせるためにひどく汚い言葉を使ったり(あの使っちゃいけないCワードが出ちゃったわ、奥様)その部分を書類から消して証拠隠滅がバレたりします。

それでも「別にい~」(英語違いますが)みたいな態度で部屋を出ていくような男になっちゃった。

そして最終回で最初にインタビューしたエドモンド・ケンパーが自殺未遂を起こして病院に会いに行くのですが、ここ怖かったですね!襲われるかと思った~。

2メートル以上ある男がガバーッと立ち上がるとやはりすごいですね。実際は襲われなくてハグされるんですが、ホールデン逃げ出した後にパニックアタックのようになります。息ができないいいいって。これはただ怖かったということではなくて自分もサイコパスだとわかったからと解釈したサイトもありました。

私は(友達みたいに感じてたのに、いざとなったら簡単に殺されるんだ)とわかったからかなと思いました。


私が読んだ本(FBI心理分析管)ロバートKレスリー



昔ベストセラーになった本なのでお読みになった方多いと思いますが、 この中でも著者がエドケンパーにインタビューをし終わって、看守を呼ぶブザーを押すのですがなかなかドアがあかず、緊張が走ります。

『もし俺がここで暴れだしたら、あんたはやばいことになるぜ』ここが印象に残っていたから、怖かった!命がけの仕事ですね。

ロバートレスリーはこの後よりによって日本のワイドショーでプロファイルさせられたりして、ちょっと怪しい感じになっちゃいました(笑)

でマインドハンターの方ですが、ジョンダグラスという実際にFBIでプロファイルしていた人で、もともとはこの人が書いた本だと知り、すごく読みたくなりました。


マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)   

             

オーダーしてみようと思います。他の本と読み比べたりしようかな。


ドラマに話を戻しますが、謎がいくつかあるんです。こっちがっつりネタバレです。



🔴エピソードのたびに5分くらい意味ありげに出てくる男は誰?何かの犯人?あの最初に相談された親子殺人の?

🔴それからウエンディーが地下のランドリー室で猫のためにツナ缶を置くのですが、ある日蟻だらけになっていた。この意味ってなに? なんか孤独の象徴みたいな感じ?

あとホールデンの彼女 でてきたときから嫌な感じ。これは謎じゃないですが、別れることになって良かったなと(笑)

結構長く時間を取って彼女との時間が出てきましたけど、本当にいらなかったあ。特にベッドシーンはもうなんか見ていられなかったなあ。これはあれですかね、ホールデンがまだうぶいってのを見せたかったのか?あんまり経験がない、みたいな。

この彼女ってのがまた可愛げがないんですよ(笑)シーズン2は出てきませんように

相棒のビルの方の奥さんは好感持てる~というかビルも良いキャラクターだなあ。自閉症の息子とうまくいっていないし、不器用な軍人上がりの中年男を自然に演じてます。

ウエンディー(フリンジのアナトーブ)のキャラも可愛げないですね(笑)デビッド・フィンチャー女嫌いか?(笑)

このドラマ今年一番のおすすめです。





2017年10月25日水曜日

トーキングデッド シーズン8のエピ1

ウォーキングデッド放送のすぐ後、10時からトーキングデッドという番組をやっています。生放送です。司会はクリスハードウイック 司会進行やアドリブでのジョークなどすごく上手だと思います。


これを見るのが結構楽しみなんです。映画やドラマを見終わった後にツッコミも挟みつつ、あれこれ言いたい派にピッタリ。

いつもはスタジオでゲストが3人来ます。番組から2人とTWDファンの俳優とか、プロデューサーとか。



一番ダメダメだったのがマリリンマンソンです。なんで来たかなー(笑)

やはりノーマンリーダスやジェフリー・ディーン・モーガンが来ると盛り上がります。






ウォーキングデッドネタバレあります。





内緒のゲストがその回で死んでしまうキャラのことが多いのですが、物凄くショックを受けて、その直後に「ハ~~ィ」って出てくるので、ショックが和らぎます。

ハーシェルが首を切られて殺された回で、ゲストとして出てきました。マギーと一緒でマギーはずっと涙目でハーシェルの手を握っていて可愛かった。

それからサーシャの回ではシーズン最後だったのでノーマンとジェフリーモーガンとサーシャがゲストでした。サーシャとてもきれいでやはり涙目。サプライズにエイブラハムが花束を抱えて出てきて、後ろからそっとわからないように近づいてきて、その驚いた顔がすごく可愛かったです。あのサプライズは良かった。


シーズン7の1の後もファンを招いて、なんと墓地でトーキングデッドやったのですが、なんと雨が降って来てキャストもびしょびしょに。

もう2度と見たくないと皆が言ったシーズン7の1 殆どのキャストが集合して、もちろんスペシャルはグレンとエイブラハムでした。

あの辛いエピソードの後にこのトーキングデッドがなければ落ち込んでいただろうなと思います。

皆きれいな格好をしていて、ニーガンと皆がハグしあってて、なんともいい気持ちになりました。これはスペシャル版でいいから日本でやってほしいなと思います。

今回シーズン8の1の直後のトーキングデッドもLAからの生放送で2時間でした。

サブキャラというか、人気の低い人達から会場入りでした。人によってきゃ~が多かったり少なかったりして、やはりシビアな世界ですね。グレゴリーなんかちょっとかわいそうなくらいでした(笑)

サプライズゲストになんとサーシャが来ましたよ。すごい人気でした。
サシャ役ソネクア


ベス役のエミリーも来ていました。この人かわいいんですけど、自分が大好きな感じがしますね。いつも話がそっちの方向に。トークショウは結構性格も見られて面白いなと思います。ミショーンがものすごく早口でおしゃべりとか。

グレンは残念ですがビデオでの出演。出てきてほしかったなあ。エイブラハムは映像も無しでした。ハーシャルはゲストで登場です。
あと、ちょっと誰だっけと思っちゃったTドッグ。会場もちと微妙な感じでした(笑)
 
それからリックやダリル、キャロルとカールのメインが出てきた後に、メルルも特別ゲストに。この人すごく気さくで良い人なんですよね。

いつもふざけてるダリル役ノーマンとかわいいキャロル役メリッサ



そして最後に登場がニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンです。すごく優しくて感じが良いです。でも汚い言葉多いです(笑)

ノーマンリーダスと前から仲良しでノーマンがバイクで旅する番組やっているんですが、次のシーズンにゲストで出るらしいです。

ウォーキングデッドの後にやるのがトーキングデッド。
フィアーザウォーキングデッドの後がフィアーザトーキングデッド
ベターコウルソウルの後にもありました。ああ名前忘れたあ。

でも他のはあんまりおもしろくないというか、やはりトーキングデッドが一番面白いと思います。

俳優無しでプロデューサーだけの回はつまんないですけど(笑)





2017年10月24日火曜日

ウォーキングデッド シーズン8 エピソード1ネタバレ




シーズン7はいまいちだったと文句を書きましたけど、やっぱりすごく楽しみだったシーズン8(←もう見ないかもとか言ってた気がするけど…笑)



ネタバレありの感想です




↓   ↓   ↓


アメリカでは3夜にわたり今までの軌跡とか俳優インタビューの特別番組がありました。やっぱり盛り上がっちゃいますよね。

あまりにも情けなく涙目チワワのリックだったシーズン7 最後についに今まさにカールが殺されそうになっているのにニーガンに向かって「お前はもう死んでいる」とケンシロウになっちゃったリック(夫もこれ日本のアニメのセリフだよねって言ってました。 笑)

シーズン8は3グループ集まってやっつけようじゃないか!と戦争決意です。ヒルトップのリーダーがマギーになってます。マギーね、妊娠してるのよね?安静にしてたほうが良いと思うの。妊娠中にすごくショックな事があったし、その後ですぐにこんな風になれるって無理があると思うな。でもマギー大好きですけどね。

「じゃあ行ってくるぜよ」とリックはアレキサンドリアに残るミショーンとキス。もうね、これね、いらないと思う。

強い孤高の女剣士のままが良かったなあ、ミショーン。キャラが違うと思うなあ。

あちこちに仕掛けを作ってお話は進みます。ニーガン帝国にゾンビ誘導作戦。このダリルはかっこよかったですね。さすがバイクに乗り慣れてるノーマン。片手で銃をバーン。

そしてリックグループ ニーガン王国にたどり着き、なぜか銃をバンバン空に向けて撃つんですけど、弾もったいない~。そんなに打たなくてもいいのに。

そして、ここ!!

ニーガンがニヤニヤしながらドア開けて出てくるんですけど、なんでここで撃たなかったの??爆

夫も
「なんでここで撃たないんだよお!チャンスだよお」
「遠いんじゃないの?」
「もっている銃の性能だったらクリーンショットだよ」と専門的なことまで言い出すしまつ。

全米が同じこと思った(はず)

ニーガンの側近たちが出てきて(ユージン含む 笑)皆銃持ってないんですよ。ここ一掃できたよね?と。まあ中にたくさんいるんでしょうけど、ボスを先に倒すのはドラクエで証明済みです(笑) 雑魚はあと~~。

まあ、それじゃエピソード1で終わっちゃいますから、色々考えたのでしょうが、ここ無理があるなと思いました。

で、このエピソード1 ちょくちょくおじいちゃんになったリックの映像が挿入されるんですけど、ジュディスが7歳位?なのにミショーンは変わってなくて、リックだけ老けすぎ。これリックの将来の妄想なのかなと思ったんです。
まさかリックシンじゃうんじゃ?と。それかミショーンが。

シーズン7でもリックの妄想ありましたよね、もしグレンとエイブラハムが生きていたら、ゾンビ世界が終わってたら、みたいな。グレンが赤ちゃん抱っこしてるすごく悲しいシーン。あれとなんかつながってるのかなと思いました。

なんか怖いなあ。ジュディスも大丈夫かなと。

原作は情け容赦ないですもんね


原作ネタバレ






原作ではジュディス生まれてすぐにローリとともに殺されちゃいます。
赤ちゃんでも容赦なしのロバート・カークマン。
キャロルもぜんぜん違うキャラでローリにまで迫って、誰か私を守ってと精神崩壊。その後にゾンビにわざと噛まれて自殺します。
なので後から全然出てこなくて、アンドレアは銃の名手でずっと生きていてリックの恋人です。グレンのシーンは同じですし、カールの目が撃たれるところも。ここは原作読まないほうが良かったなと思いました。すごくびっくりしただろうなーって。



ドラマに戻りますね。


最低男グレゴリーがニーガン側に! その後のガブリエル神父も裏切ります。こいつね、最低ですね。


さて、この番組の後にライブでLAからトーキングデッド。こっちは2時間でした。
なんでこっち2時間にしたかなあ(笑)
グレゴリーが出てくるとブーイング(笑)ユージンもアレコレいじられてました。
で、司会のクリスが「だって、これ本当の話だもんねドキュメントだから」と言って笑わせてました。 そう、悪いのは脚本家で俳優は演じてるだけなんですけどね。

でもジェフリーモーガン一番の悪役なのに出てきたら「きゃ~~~~!!」これはグレゴリー役とユージン役の人ムカつくよねえ。

ジェフリーかっこよかったああああ~~! むかついたのはですね、タラ役の人ずーっとジェフリーと腕組んでくっついてましたよ!ゆるさねえよ(笑)

ノーマンも安定の受け答えでアンドリュー・リンカーンもおもしろかったです。
トーキングデッド毎回楽しみにしています。フィアーの時は見ないんですけど。

これは日本でも字幕ですればいいのになあ、皆見たいよねえ。裏話とかおもしろいもんね。

というわけで、シーズン8は期待できそうです!おもしろかった。トーキングデッドも面白かったですよ~。






2017年10月23日月曜日

マインドハンターシーズン1 エピソード4から6


マインドハンター続けてみました。

エピソード4からいきなり、いいところで続きになりまして、えええ~~~これは次みたいよお、次見たらまたしても続いてて、ずるい。
一気に3話見てしまいました。

それまではどちらかと言うと続いている感じではなくて、一話完結というほどでもないのですが、じゃあまた来週見ようかなというかんじでしたが、3くらいからイッキ見に。

3くらいから登場する女性フリンジの人~いい感じに大人になってるう。声が特徴あるのでハッとしました。

ハンニバルのようにグロい死体がそのまま出てくるのではなくて、おもに写真です。かなりリアルでうぐうとなりますが、写真ということで和らいでいるかなと(私には、ですが)

童顔で経験も浅い主人公と経験豊富で頼れるけれど子供といまいちうまくいってない中年男と全国の警察署を回って心理捜査のレクチャーをします。今のところ。そこで地元警察官に事件を相談されて、捜査に加わる。というパターンのようです。

70年終わりのアメリカの感じ。特に古びたモーテルとかよく雰囲気出ていると思います(というか私はその時代のアメリカ知らないんですが、夫が言うてる)

全国を(しかもちょい片田舎を)車で移動する設定はスーパーナチュラルの2人を思い出しました。安いモーテルに泊まるのも似てる(笑)

バディーものとしても捜査物としても面白いと思います。
これからも楽しみです。







2017年10月22日日曜日

 マインドハンター シーズン1 エピソード1から3


マインドハンター見始めました。 おもしろいです。






羊たちの沈黙で有名になりましたFBIのプロファイルという職種がまだ始まる前のお話です。

1977年です。 FBIの若き、そしてちょいダメダメ捜査官ホールデンが主人公です。

「シリアルキラーたちにインタビューしてそのマインドを探りたい」と上司に申し立てて、メタクソ怒られるそんな時代です。

しっかり者のビルと一緒に全国を講義して回りつつ、インタビューにもOKがでます。

最初にインタビューするのはシリアルキラーのエドケンパー。演じる俳優さんすごくそっくりで驚きました。写真やストーリーは(FBI心理捜査官)で読みました。インタビュー動画は見たことないのですが、話し方もそっくりだそうです。You tubeで探してみてみようかなと思いました。

おどろおどろしいタイトルシーン、セブンに似てるなーと思ったら監督はデビッド・フィンチャーでした!
エイリアン3は嫌いでしたけどセブンは大好きです。この監督のやはりシリアルキラーの(ゾディアック)まだ見ていないのですが買っています。これ早く見ないと!

デビッド・フィンチャーがNetflix!ハウス・オブ・カード大ファンとしてはこれは見ないと!!マインドハンターはサイコパスの研究する話ですけど(今のところ)ハウス・オブ・カードのアンダーウッド夫妻も十分サイコパスですよね。

さて、マインドハンターですがシーズン1のエピソード1の冒頭10分以内からうわ!っと驚くゴアシーンがありまして…

「こ、これはすごいんじゃない?さすがネットフリックスやりたい放題~」と期待してたのに、そこからペースがどんとおちまして彼女との馴れ初めみたいなのが延々と始まります。ちょっとこのへんがっかり。

これ、こんなに長くいらないい。エピソードの1は確かに説明がいると思うんですけど、この部分が長いのが多い気がします。

ベッドシーンも長々いれないと視聴率上がらないのかな?私は突然のポロリは喜ぶ派ですが(どんな派や)延々ラブシーン苦手なんです。

ちょいここ退屈~でも我慢すると(お好きな方は我慢しなくていいけど)どんどん面白くなります。

インタビューのシーンはハラハラします。FBIでもきっと怖いんだろうな、いや捜査官だからこそ危ないんじゃないかなとあれこれ考えます。

心理とか捜査の単語もたくさん出てきて、今度書き出してみようと思います。実は捜査ものの単語ノートつくっていて、中身を見るとシリアルキラーみたいです(笑)

FBI心理捜査官の本の中でも本物のインタビュー中に(しかもエド・ケンパー)ちょっと危ないシーンがあり怖かったなあ。ずっと話しているうちになんとなく親しい気持ちになるのだろうな、でも何人も冷酷に殺したシリアルキラーですからね、ふともう一人いっちゃうかと思ったりするのかも。ひいい。もう一度本読もうかな。

本は面白かったのですが、殺人者や被害者の顔写真と絶対に見たくないとテープで張っちゃってます~。そのくらい写真は嫌!

でもこのドラマは結構情け容赦なく残酷な写真が出てきます。うん、でもこれは作り物だからっていつも自分に言い聞かせて見ています。


ただ、作り物でも動物だけは本当にダメで、特に犬猫……

下ナルコスについてちょっとだけネタバレ?



ナルコスのシーズン1見始めたのですがエピソード2の冒頭でいきなり犬が殺されて、最後は猫が殺されたのですが、涙が出てきて、もうつっぷしてしまいました。しばらく立ち直れなかったああ。これもちろんコロンビアの麻薬戦争のドラマなのでそれはそれは残酷です。ただ実話でもあり歴史の勉強にもなり(レーガン時代のアメリカ)ストーリーは面白いんです。
ただ、このドラマほとんどスペイン語で英語字幕をずっと読み続けて1時間読書~すごく疲れます。夫も疲れてます。

そして、犬と猫…これはアカンアカン~~~~!!!

なんでしょうね、作り物ってわかっているのに、このダメージ。そして人は平気というのも変!!リアルはダメですが、フィクションなら全然平気なんですよね。変ですよね。

私のマインドも知りたいぞ~~。







2017年10月19日木曜日

American Vandal ハノーバー高校落書き事件簿 感想

American Vandal を見ました。




日本の題名が(ハノーバー高校落書き事件簿)

……まあ、そうなんですけど、たしかにそうなんですけど、題名で損をしてますね。

「高校の落書き事件かあ、う~ん見ないわ」となりそう。

もったいないです。これ面白かったです。

ハノーバー高校の教員たちの車27台にスプレーでチン○の落書きが書かれます。

悪質ないたずらだとニュースにもなり、犯人探しが始まります。


この学校の問題児ディラン。

ホワイトボードにですがチン○の落書き常習犯(笑)であり、YouTubeでいたずらを放送していたりして重要容疑者になり「俺はあいつ見たよ」とか「あいつしかいない」証言が集まり、ついに退学になってしまいます。

クラスメイトが「本当にディランがやったのか?真犯人は誰だ?」とドキュメンタリーを撮ることになり……と犯人探しが進んでいくんですが、笑いながらなかなか考えさせられます。

ディック(ちん○)って何回言うねんって大笑い。

あと夫も知らないスラングも出てきて、アメリカの若者の生活を垣間見ました(笑)

いかにも怪しいディラン。
この人演技うますぎます。本当にバカに見える(笑)

こういう人絶対にクラスに居るんですよね。

高校がすごくリアルでした。息子の高校にも(クラスのおバカ、もてもてアメフト男、真面目で勉強できる子、変わってるやつ、セクシー美女、真面目なかわいこちゃん)皆きちんといました。

チン○多すぎて大笑いでしたけど、その人についた印象や一度疑われたら潔白を証明するのが難しいことなどメッセージもはいっていました。


ただ、すっごくすっきり終わらないんですよ~。多分、あの人って感じで。あとはあなたが考えて、と嫌いな終わり方でした~。

投げないでえ、ちゃんと教えて派。 

悶々としながら「やっぱりあの人だよね」と夫に今日も言っています。

それからセクシー美女役の人見たことある~と思っていたら、なんとウオーキングデッドのサイコパスみたいな女の子リジーの本当のお姉ちゃんでした。リジーもこんな感じの美女に育っていますよ。

IMDbも 8.3と高い評価になっています。

全8話で1話だけ1時間、後は30分と短くまとまっています。面白かったです。

今日も「あ~あ、もうディックないのかあ」「やめなさい」と我が家でもディック連発しております(笑)

おすすめえ。




2017年10月15日日曜日

Baby Driver スタイリッシュでかっこいい

Baby driverをやっと見ました。



6月に映画館に来た時に夫が見たい見たいと言っていたのですが
「ええ~変なタイトル見ない~」って言っちゃったやつ~(笑)

「でもケビン・スペーシーだよ!」
「なんかケビン・スペーシーの面白くないのやってるって聞いたもん」

って、それ別の映画でした。ベイビードライバーは……

ものすごくおもしろかったです(爆)

もうオンデマンドでストリーミングサービスのレンタルやってました。

なぜ見る気になったのかというと息子から監督がエドガー・ライトと聞いたからです。

ショーン・オブ・ザ・デッド脚本監督!! 

「ええええええ??見るよ!!」

ショーン・オブ・ザ・デッド最高です。大好きです。ゾンビコメディーなんですが、すごくきっちりパロディーも入れてて映画ファン、ゾンビファン歓喜!

ベイビードライバーの冒頭に普通にコーヒー買うシーンがあるんですがショーンが朝コーラを買いに行くシーンにそっくりでセルフパロディーみたいでした。

音楽と映像がものすごくマッチしててスタイリッシュ。笑っちゃうほどに。

それからものすごいドライブテクニックに目が釘付けでした。カッコよすぎます。
カーアクションあんまり別にいっていうタイプなんですが、これは好き。

主人公も好感持てるし(やっぱりコレ大事)おもしろかったなあ。

クライムムービーではありますが、爽やかな気持ちになりました。すごくおすすめです。

キャストもすごくて、いきなりジョン・バーンサル(ウオーキングデッドのショーン)とレッチリのベーシスト!ケビン・スペーシーにジョン・ハムとジェイミー・フォックス!

豪華だねえ~賞取ってる人ばっかりじゃない?と大喜び。

10月だからドロドロホラーばっかり見ようと思ったんですが(笑)こういうスカーッとするの良い~!!

おすすめです。











2017年10月12日木曜日

THE STRAIN ストレインシーズン1

映画もドラマもケーブルテレビそれからHBOを含む映画チャンネルかネットフリックスというストリーミングサービスで見ることが多いのですが、シーズン1だけ日本で買ったDVDが我が家には結構あります。

最近安くなってますよね、コンパクトでソフトシェルっていうDVD.
しかもシーズン1は2500円というのも多くて、とりあえずシーズン1だけ買っておこうかなーと思って増えてきました。

アメリカはすごく安いDVDも多いのですが、ドラマでシーズン丸々だと高くて、日本のほうが安かったりします。それから英語が難しそうなものも購入しました。

パーソン・オブ・インタレストのシーズン1はアメリカのブルーレイに日本語字幕が入っていて、とても助かりました。私にはSFが入っているものは買ったほうが良いもの多いです。フリンジは本当に本当に面白くてはまったドラマですけど、これは日本語字幕あったから分かりやすかったです。

前から見たかった ストレイン シーズン1 



原案、企画、制作、脚本それからシソード監督もギレルモ・デル・トロ
うわ~それは見たい!とシーズン1を買いました。

簡単あらすじは…
地上との更新を断った飛行機の乗員の殆どが死亡していた!疫病か?とCDCセンターの調査員が駆けつけます。このつかみがすごく良かったですけど、フリンジとかぶってました。
それから不可解なことが色々起こっていき…と脚本はさすがデル・トロ~おもしろそうだねと見ていたんですが、かなり突っ込みどころも多いです。

主人公のエフという男 コリー・ストールが演じています。ハウス・オブ・カードシーズン1でアル中でだらしない役をしていたんですが、ここでも浮気相手がいて、離婚話し合い中?そのために禁酒してるけど、なんだかな、みたいなハウスと似たような役どころ。

疫病対策センターに勤めているようには見えない(笑)カツラ被っちゃってるし←関係ないけど。
キャラクターに魅力がないと感情移入できなくなるし、応援したくなくなるっていうか。不倫している恋人もそんなに魅力的じゃないし、後半出てくるネズミ駆除の男がなんだかネズミそのものみたいで、あああなんだか見る気がなくなって行くう。


ここから、ちょいネタバレ






映像ですがかなりグロいです。この辺はさすがですが、クリーチャーが気持ち悪いです。吸血鬼軍団がバイオハザードに似てる。口から長い腕みたいなのがにぃよ~んって出てくるのは良いんだけど、口が4つにパカって割れて。これよくあるよねと。
なんか虫みたいなのが目の中にうようよしてるのは流石に気持ちが悪いです。

それでも夫はかなり気に入ってシーズン2を見始めたのですが、予算がいきなりなくなったのか、ものすごくチープになっちゃった。

エピソードの最初に吸血鬼らしいモンスター出るんですけど、もうね、真っ白な肌のはずが白いシャツと白いパンツにシワが寄ってるのが丸わかり(笑)白いシワシワな肌質を作ろうとしたんだと思うのですが、思いっきりシャツ!!これはないわああ。

ウオーキングデッドのゾンビクオリティーを見ていると、あの白いシャツはないわあと。
私はシーズン2はもう見るのやめます。

エフがのっけからお酒飲んでるし(笑)なんかいろいろもうダメでした。
アイディアが良いのにすごく残念!!

真面目なドラマでこういうチープさを見てしまうと見る気がなくなります。アンダー・ザ・ドームなんてもう、すっごかったよ(笑) 後半ストーリーもメチャクチャでしたし、シーズン1だけでよかったドラマ結構ありますね。








2017年10月10日火曜日

ウォーキングデッドとフィアーザウォーキングデッドのクロスオーバー






昨日見たニュースです。
もうご存知だと思いますが、本家のウォーキングデッドとスピンオフのフィアーザウォーキングデッドがクロスオーバーするんだとか! オフィシャル発表~えええ~~。




絶対にないって言ってたのに、やっちゃった~~!

もうフィアーは面白くなくなったので見るのやめちゃったのに!夫がまだ見ていてテレビの録画に残しておいてくれたので、もう少し見てみます。5話丸々ある~。

本家のウォーキングデッドの方にメリットなさそうですけど、フィアーの方の視聴率が悪いからなんでしょうね。

それにしても時間軸が違うって言ってたと思うんですが。フィアーの方は本家の世界が始まる前、というかちょうどゾンビパンデミックがはじまったくらいのロスアンジェルスからメキシコに行くまでで、まだ数年も経ってないと思います。本家の方は遠く離れたアトランだだし、リックが目覚めたときにはもうゾンビ世界になっていたし、それから何年も経っていますよね。どうやって作るのかな?

うんと昔に遡るとかにするのかな?過去の物語ならもっとストーリーも作れるんじゃないかなと思っています。

個人的にはグレンだったら嬉しいな~。

皆アレコレ推測しています。
ウォーキングデッドのシーズン1でリックたちのキャンプから離れた家族じゃないかとか。
お、おぼえてないっちゅうの。

サブメインくらいの人じゃないとファンは納得しないですよね。そうじゃなければやる意味が無いんじゃないかと思うんですよね。

オフィシャルに発表したのだからもう脚本もできていると思うんですけど、気になりますね。
やっぱりフィアーの残り5話見ておこうかなー。 ←まんまと作戦にはまってる人。

本家の方の(ややこしいな)ウオーキングデッドですけどやっぱり……

楽しみ(笑)

22日の放送は100回記念ということで大きな展開になるそうですし、やはり当日テレビにかじりつくことになるんだろうなーと思います。 それでもシーズン7は気に入らないですけど~。





2017年10月9日月曜日

ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ

ロバート・デ・ニーロ 名優ですね。大好きです。

デ・ニーロだから見ようかという映画もたくさんあります。
ゴッドファーザーが大好きな映画なのですが、ゴッドファーザー2の若き日のドン・コルレオーネ演じるデ・ニーロが本当に素晴らしい。


 
私の大好きなシーンは、若い頃のビトコルレオーネがある人物を殺すシーンのあと。階段に家族一緒にすわって、まだ赤ちゃんだったマイケルをあやすシーン。

有名なあの曲がギターで流れる中、すばらいいイタリア語で息子に「愛してるよ」というシーン。 家族を守るゴッドファーザーの誕生です。なにがあっても家族を守る、血なまぐさいですけど愛のための決意。しびれる~。

このシーンあまりにも美しくて一枚の絵葉書のようです。

ロバートデニーロですが実はすごくおもろくて、サタデー・ナイト・ライブによく出てます。コントすごくうまいです(笑)

最初見た時は目が点になりました。

結構最近もブラックスワンのパロディーで白鳥の衣装で踊ってました。(笑)

コメディー好きなのかな?最近映画もコメディー多いですね。

そしてアルパチーノですが、やはりゴッドファーザー2すごく良かった。





彼も凄い名優です。

1のまだちょっと若くて家族にバカにされてるようなマイケル・コルレオーネも良かったですが2の苦悩に持ちているマイケルがすごく好きです。



デニーロと初競演といわれるヒートあたりではちょっと演技が過剰だと思うんですけど(目をむいちゃって、ちょっとやりすぎっていうか)この映画もしびれます。 長い銃撃戦のシーンが素晴らしい。この映画も大好きです。

パチーノの演技で私が一番すごいと思ったのが、フェイクです。 パチーノといえば(スカーフェイスのちんぴら)ゴッドファーザーの(ドンマイケルコルレオーネ)とマフィア役が多いのですが、これは落ちぶれたレフティーというマフィアの役で、アンダーカバーのジョニーデップとそうと知らす友情を築く作品です。このパチーノはすごい。

うだつがあがらない、でも結構お人よし。 背中でそんなことあらわしちゃうんです。 小さくて惨めな背中。それからたまらないシーンがあるのですが…



ネタバレ




ジョニデのアンダーカバーがばれて、レフティーが連れてきたために、呼び出されるところ。殺されるとわかって行くので金目のモノを奥さんにわかりやすく小さい引き出しに入れ直すところ。胸にぐっと来ます。ここがたまりません。

オスカーを取った盲目の役よりもこっちのほうがうまいと思いますが、みなさんいかがでしょうか?

デニーロは大好きな映画(グッドフェローズ)と(カジノ)にもでています。この2つの映画どちらも監督がスコセッシなんですが大好き!!特にジョー・ペシがいいです。あんなに小さくて怖い人いません(笑)

すごく残酷なギャングの世界なんですが、映像もセリフも好きな所たくさんあります。

スコセッシなんと今度もう一度デ・ニーロとジョー・ペシと組んでギャング映画(TVシリーズ?)撮るそうなので本当に楽しみです。 早く見たい~!!


2017年10月6日金曜日

これは良かった Get out ネタバレ無し

Get out ゲットアウト 


前から見たいなと思っていたホラー映画 Get out (2017年アメリカ)を飛行機の中で見ました。IMDb7.7

この宣伝を見て、人種差別的なホラーなのかなあ、見たくないなと思っていたのです。




しか~し大好きなコメディアンのジョーダンピールが監督だと聞き

「ずえったいに見る!!!」と決めました(笑)

ちょっとジョーダンピールの説明をしますと、アメリカですごく人気のあるコメディアンです。キーガンマイケル・キーと一緒にキーアンドピールという2人組でのコメディアンで、活躍しています。

最近子猫が誘拐される映画Kianuで2人出演しています。IMDb6.3

この向かって左側の男性です。この映画も見ました。ワハハと笑ったんですが、見終わったら忘れてしまったというか、えっと(笑)

もっと面白くなったのになあと生意気な意見。例えば笑えるところはセリフにして、後は真面目なアクション映画にするとか。ちょっとラッシュアワーみたいな感じだったら、もっと良かった気がします。 子猫はめちゃ可愛かったです。

ファーゴドラマ版の1にもダメダメFBIで出演していました。このドラマの2人はあまりのダメっぷりにムカつくほどでした。(笑)

この2人大好きなんですけど、ゲットアウトはコメディアンのピールが撮ったホラー映画??これは見なければ、と。そして評判も良かったので、楽しみでした。

結果はすごく面白かったです。

白人の彼女がいる黒人男性。彼女の両親の家にはじめていくことになり、神経質になっています。彼女は「私の両親はそんな人達じゃないから」と。

途中までやはり人種差別的な嫌な気持ちになるところもあり、それはジョーダンピールが意図したことだそうです。

横暴な警察官もそうですが、反対になんだか親切過ぎる態度も居心地が悪いもので、「こういうのあるよね」と思ってしまいます。

なんだかおかしい彼女の家、少しづつ色々わかってきて…てな感じに話は進んでいきますが、この展開は想像できませんでした。

かなり目新しいと思います。

すごく良い作品だと思いました。最近見たホラーではドントブリーズが一番好きでしたけど、これもなかなか良かったです。

グロいシーンはないです。でも結構怖いところもあります。どちらかというとスリラーかな?

そしてさすがジョーダンピール。 笑えるところもちゃんと押さえています。そこが結構救われます。

これ小さい飛行機のスクリーンじゃなくて、もう一回見たいと思いまいました。





2017年10月3日火曜日

リングとRing 見比べてみた。

こちらも旧ブログのだいぶ古い記事ですが、少し書き直してUPします。

ホラー映画が大好きったら大好きなんですが、日本のものは(怖すぎて見られない)のです。怖さが半端じゃないですね。今でも怖い映画No.1の日本のリング。ずっと「これだけは見ない」と決めていました。理由は(こんなん、怖いに決まってるやん)だから 笑

しかーしアメリカ版のThe Ringを見たらすごく面白くて、どうしても見比べてみたくなりました。
でも…我が家のテレビは70インチで、
こんなんから貞子が出てきたら、たまったもんじゃないと思いまして、コンピューターで見ることにしました。←へたれ








ウィキペディアより転載です。
2002年ホラー映画1998年に日本で映画化され大ヒットした鈴木光司原作の映画『リング』をアメリカリメイクしたものである。PG12(日本公開版)。続編として『ザ・リング2』も作られている。

。。。。。。。。。。。。。。。


私はアメリカホラー大好きなのですが(どんなにゴアでも大丈夫なくらい)でも日本映画ののあのなんともいえない空気感、湿度、暗さ、怨念が本当にダメ。 なんか(怖さ)の質が全然違うんですね。

ゾンビもチェーンソーも笑いながら見ちゃいますが、呪い とか…。いや~だめ~!どろどろしてるのが。

先にアメリカ版リメイクの(The Ring2)をテレビでやっていたので見て、あ、これならいけると(The Ring)(アメリカリメイク版)見ました。

なぜなら2を先に見たら主人公の女性と男の子が出ていたので「あ!生き残るんだ!」と、1を安心して見ました(笑)

映画で何が嫌って子供が犠牲になることなんです。 The Ringの大まかなあらすじの(ビデオ見ると7日で死んじゃう)というのを知っていて、トレーラーで男の子が見ているシーンがあったので見るのをずっと躊躇していました。



The Ring アメリカ版の感想

もうね、ナオミ・ワッツがやっぱりいい(笑)大好きな女優さんです。この人が出ているので絶対に見たくなかったFunny Game(アメリカ版)も見ちゃいました。有名な胸糞悪い映画No.1の。これも色んな意味でアレだったので、いつの日か感想書きます。

ザリング2もなかなかおもしろかったから1も見たんですけど、テンポもとても良くて女の子のバックストーリーもよくできていて、どちらかというとサスペンスフルです。もっとストーリーが錬られていた気がしました。 

それから私にとっては、ですが日本のリングの家の感じよりもThe ringのアパートのほうがよりリアルで怖かったです。あと男の子がなんだか病気っぽい感じでそこが気になって気になって(笑)ハラハラドキドキはこちらに軍配です。

そして、その後、日本オリジナル(リング)も見てみました。

リングの感想

日本のオリジナルはきっと当時見ていたら飛び上がっただろうと思います。 いまや(貞子)が始球式にまで出てきちゃって(笑)すっかりポピュラーだし、ストーリーも知った上で見たので、あんまり怖くなかったです。あれ?と肩すかしでした。

私はアメリカリメイクの方が好きでした。
いろいろな人の感想を読むと(アメリカ版は全然怖くない)と言う意見が多かったのですが、十分怖く、そしてストーリー的にかなり面白かった。 
まずナオミワッツのファンなので松嶋奈々子よりも嬉しい(笑)

日本版はやはり苦手な感じの「どんよりした空気」や「ウラミハラサデオクベキカ」がてんこ盛り。これが怖いんですよね、日本の(恨み節)

骨にジンジンくるような怖さは日本版の勝ち、キャーッと爽快に近い恐怖はアメリカ版の勝ち。

ラストも違います。 アメリカ版は物足りないけど日本版は嫌過ぎる。日本版のラストはすごいですね。これはもう日本の勝ち。
怖いシーンではないのに結局一番怖かったところです。

オリジナルとリメイク。こうやって見比べるのってとても楽しくて、はまりそうです。 

実はアメリカ版の The Juon も見まして、これは日本が舞台だし結構おもしろく見られました。色んな意味で(笑) で、日本の呪怨もあったので録画してたんですが、ついに、ついに消してしまいました。どう考えても怖すぎる!怖いでしょうこれ! 

というわけで、いつかまたコンピューターの小さい画面で見ることにします。