2018年5月18日金曜日

ブレーキングバッド 一番好きなシーズン4 ねたばれ

毎日1話見返しています。




夕食が終わり、それぞれデザートや飲み物を持ってソファーに集合。
3人で真剣に見て、感想を言ったり。た、楽しいな~

ブレーキングバッドは歴史に残る傑作ドラマ。

その中でもシーズン4は最高に完成度も高く素晴らしい出来なのです。

ドラマをシーズンでわけたら、ブレーキングバッド シーズン4は私の中ではナンバーワンです。

シーズンですごくいいのと悪いのありますよね。

ウォーキングデッドはシーズン1が素晴らしかった。フランクダラボン監修で2も撮るはずだったとか。で、アトランタの町でのゾンビ対ミリタリーの決戦を撮りたかったとか。

みーたーかったー!!

プリズンブレイクも1が名作。 

ナルコスは3がすごく良かった。

ベターコールソウルは前シーズン3が良かった。

と、皆さんお気に入りがあると思うのですが、ブレーキングバッド4は興奮興奮また興奮です。

特に完成度が高いと私が思っているのはエピソード10です。




ネタバレ




ガスがメキシコのボスのところに行くシーン。あのプールはパートナーが殺された同じプールなんですね。

で、毒薬で皆殺しのシーンはドキドキハラハラしてすごく良かったですし、その後のジェシーの射撃シーンはカメラワークが最高でした。

シーズン3までジェシーはグダグダな時も多くて「しっかりしなさい」って言いたい感じだったんですけど(笑)シーズン4から、もうメキメキ人好きのするキャラに
「この人良い人~~殺さないで~」と全米が叫んだ!かどうかはわかりませんが、見てた人皆が好きになってしまうジェシー。スタッフも同じで、それで命拾いしたのだとか(笑)なんか、わかる。

夫はマイクが大好きで息子はソウルグッドマン。皆それぞれ好きなキャラがいます。

キャラクターの作り方がとてもいいと思うんですよね、トゥコやサラマンカ。ガスも皆とても個性的で。

ジェシーの友人2人もいい味出して好きです。

ベターコールソウルもすごく面白くて、ブレイキングバッドを見ていたらより楽しいです。意外と細かいところでイースターエッグ(他の映画やドラマのキャラがひそかに映っていたりする)があるんです。

シーズン4に戻りますが、最終回がまたすごい! これもアメリカドラマの歴史に残りますよね。チーンチーンがここで生きてくるとは!!(笑)

買ったブルーレイセットにシーズン4のスペシャルメイキングがついていたので、これも家族と見るのが楽しみです。

今シーズン5の後半です。5とファイナルは8話ずつで、今から終わっちゃうー終わっちゃうーと騒いでます。


たぶん、いつか3週目するよね(笑)



2018年5月15日火曜日

フィアーザウォーキングデッド シーズン4 エピ5 ネタバレ


何時もネタバレありの感想になってしまいます。

あらすじにまとめるのが苦手で、というか、あっという間にあっという間に忘れるので、突っ込みど頃しか書いてないですね(笑)

ものすごく細かくあらすじを書いているサイトの方はメモを取っているのかな?
尊敬します。





ではネタバレで___________





さて、このエピソード5は新キャラのジョンドリーと前回わかったナオミ=ローラとの過去話です。

ジョンはローラを探し求めていましたが、あの野球場にいたころのマディソンがゾンビタンクに飛び込んで助けたナオミがジョンのローラだった。それが前回エピソード4でわかりました。

野球場からさらにさかのぼり、荒野の掘立小屋のようなところにジョンが暮らしいるところからです。

すんごく似合う(笑)

この俳優は知らなかったのですが、味がありますねー。悪役が多いそうです。
夫はあ!いい俳優だよ彼はって最初から言ってました。色々出ているようです。


ジョンはゾンビ対策に家の周りに柵を掘り、魚を釣り、夜はビデオを見る(電気はジェネレーターですかね?)寂しい生活をしていて、そこへ流れ着いたケガした女性がローラだったのです。

最初は敵意むき出しのローラさん。でも優しいジョンさん。
警戒心まんまんのローラさん。でも優しいジョンさん。

傷が治るころにはいい感じになって。

でも「やっぱり出ていくわあ」のローラさん。
「愛しているんだ」ジョンさん。

え?いつのまに?

いつもだったら、なんだよそれって怒るようなスローなエピソードでした。
でも私なんだか、とっても好きだったなあ。

西部開拓時代の短い映画のようでした。

ジョンドリー(Garret Dillahunt)が良いから。だけなんですよね、きっと。

本家ウオーキングデッドも合わせて全キャラの中でダリルと1位2位を争うくらい好きです。いつも飴ちゃんを誰かにあげるところかわいい(笑)












最後に現在に戻ってモーガンと話をしているところ。もうこの2人だけでいいな。後新しい女性も好き。3人で再出発して欲しいと思いました。





野球場で何があったのか気になります。ニーガン的な同じことかな?

2018年5月11日金曜日

フィアーザウォーキングデッドシーズン4エピソード4 ネタバレ

シーズン4になり、ぐいぐい攻めておりますフィアー。
今回のエピソードは私はイマイチだったのですが、面白かったという意見も多いですね。

真剣に見ていないのか数日たつと忘れています(笑)
と、いうか。真剣に見てても意外と忘れているなあと大好きなブレーキングバッドを見直しながら思っています。

今ブレーキングバッドシーズン4見直し中ですが、最高ですね。
最高の出来だと思うエピソード10を見て、もう腑抜けになりました。

で、書こう書こうと思ってた(ちょっと投稿サイトのほうが忙しくてすみません)フィアーも抜けちゃいました。

なるべく思い出しつつ、ネタバレ感想です。




現在過去が行ったり来たり。

現在のほうがモノクロに近い色褪せたカラーで、ちょっと面白いですね。

過去編ではアリシアと新しく見つかった人(ほら、名前忘れてるー)タンクで助けられた人が一緒に食品探しにでかけます。

ウオータースライダーの上に何かありそうだと、2人で登っていくんですが、ここつるつる滑ってハラハラ。プールにゾンビがうようよしてるので。水ふやけのゾンビ、おええ。

すべるように作ってある滑り台だものすべります(笑)きゃーって言いました、はい。

現在のシーンはインタビューで過去に何があったかを少しづつ話していくので、ここは私はちょっと退屈でした。

特にニックと彼女が図書館に本を探しに行く所とか。

そこで地図を見つけて適当に開いたところに行こう、とか。

そして、そうしなければ良かったと後悔するんですが、なにがあったのかなー。

マディソン出てこないです。やられちゃったよね、きっと。

結構楽しみになってきました。 シーズン3は嫌いでしたけど4は面白いです。












2018年5月4日金曜日

ブレーキングバッド シーズン3 ネタバレ感想

☆以前見たブレーキングバッドを今度は日本版ブルーレイを買い、まだ未見の息子と私のようにもう一回見たい夫と3人で毎日エピソード1つずつ見ています☆


ネタバレアリの感想なのでお気を付けください。




大傑作としか言いようがないブレーキングバッドですが、シーズン3は1と2に比べると家庭の問題が起こり離婚を迫られたりと、すこしだけスローダウンするエピがあります。
前半はウオルターとジェシーの仲たがい。

有名な(ハエ)のエピソードはイマイチだと思うんです。このエピソードはウオルターが少しおかしくなりかけているような描写なのだと思うのですが、ちょっと長すぎましたね。確かエピ10なので、ちょっと休憩ね、なのかな。

3ではハンクの精神状態もかなり悪くなっていきます。エルパソ行きを辞退してブルーメスの捜査をし、RVを突き止めます。RVを処分しようとしていたウオルターのところへジェシーが行くのですが、ハンクに尾行されていました。ここすごくハラハラしました。

ソウルに電話して奥さんが事故だと嘘をつくのですが、怒ったハンクにジェシーはぼこぼこにされて病院送りになります。慌てて病院へ行くウオルターですが、まだ仲たがいしたままです。

バッジと銃を取り上げられた日に殺し屋2人から命を狙われるんですが、手に汗握りました。ここはシーズン一番の盛り上がったところです(私てきに)


ほとんど話さずに冷酷に殺しを重ねる兄弟。怖い怖い

ちょいあらすじ

本来の標的はウオルターでしたが、金を生むウオルターを殺されては困るガスが「ハンクにしろ」と命令するんですよね。ハンクも撃たれますが、反撃して一人を殺し、一人は病院へ。ウオルターを見た殺し屋が目の色変えてベッドから転げ落ちたとき両足がありませんでした。忘れてたのでかなりショックです。

結局マイクに殺されますが、どうやって病室に入ったのかなマイク。

ハンクも下半身不随状態になってしまいます。シーズン3の11から最終回までは大興奮なエピソードでした。

負の連鎖というか薬物治療の場で出会った女性の弟がジェシーの友人を殺した犯人で、それが命令で行われたことを知りジェシーは二人を殺そうとしますが失敗して呼び出し。

無理やり仲直り(笑)をさせられますがジェシーは「子供を使ったことが許せない」と言いガスは「もう子供は使うな」と言うんですがこの二人はその子供を殺してしまいます。

怒ったジェシーは拳銃を持って行き、反対に殺されそうになりウオルターが車で二人をはねて殺します。

当然ガスは怒り狂い、助手としてゲイルを送りブルーメスの作り方を盗ませようとします。ゲイルが作れたらウオルターはいらないわけで、それに気が付いたウオルターはジェシーにゲイルを殺すしかないと説得します。

ある夜車でラボに連れていかれたウオルター。マイクが待っていて危機一髪な時にジェシーに連絡して「やれ!」と。ジェシーはゲイルを撃ってしまいます。



感想

ジェシーは薬の売人とはいえ人殺しとかできないタイプなんですよね。メンタルが弱い。
ウオルターはジェシーを息子のように感じているんですね。脳性麻痺でもしっかりした息子がいるのにね。

かわいそうなのはゲイルですね。
何も悪くないし、ウオルターのことを尊敬までしていたのに。

それにしても脚本が素晴らしいです。

あんまり入れなくてもいいのになというハンクとマリーの関係などもありますが、性格を掘り下げるのに必要なんでしょうね。

それにしても皆本当にうまいです。

ガスも表情がポンと変わるし、最高です。我が家はマイクとソウルが出ると大喜びですが、私はジュニアが一番好きなキャラです。ハンクのキャラも面白いですね。

キャラクターが好きだとドラマにも熱が入ります。反対にストーリーが良くても俳優がへただったり、好感が持てないキャラだと見たくなくなってしまいます。

ブレイキングバッドは脚本もキャラクターも俳優も皆素晴らしいです。

もうシーズン4の4まで見てしまいました。あああ~終わっちゃう2回目だけど~。









2018年4月30日月曜日

フィアーザウオーキングデッド シーズン4エピソード3 ネタバレ

シーズン4おもしろいですよ。

今までで一番面白いです。

でもエピソード1がすごく良くて2でまた「この展開かよ」になったので見るのやめようかなーと思ったりしたのですが…すごかったよ、今日は。


というわけで、超絶ネタバレです。











前回のエピソードはいつのまにか野球場で生活していたマジソン達が中心でした。
最後にトラックが次々やってきてニーガンみたいのが来て「またかあ」と。

そしてエピソード3はウオーキングデッドによくあるような過去と現在をフラッシュバックで見せる手法。わかりにくい、これ。

現在のにマジソンがいないのでニーガンもどきたちに殺されたのかなと思います。


現在のシーンのモーガンはまた「殺さない」って言ってます。でもちょっと目が変(笑)

私の好きな新しい2キャラも出て、ちょっと嬉しい。

モーガンとニックがちょっといい感じになってきて、お!お友達になるんかな?と思ったのですが、ニック殺されちゃいます。

ええええええ~~~~!!びっくりしましたよ~~!

モーガンからじゃないですよ、ニーガンもどきみたいなのを見つけてニックが殺します。何かひどいことされたんだろうなーという憎しみ方。モーガンは止めるんですが、聞かず。
結局このことで仲間の少女から撃たれるのです。


マジソンいないのならメインキャラだと思ってたのに、びっくりしました。

確かに新キャラ3人でやり直してと思いましたけど、驚くよねえ。

アリシアがメインになるのかな?ニックの彼女もいらないなあ←ひどい。

怪しい雲行きになってきました~~!!









2018年4月28日土曜日

IWとか見たい映画がたくさんありますが…


なかなか映画館に行けないです。
 
家から車で数分のところに映画館があるのに!

昨日からツイッターではインフィニティーウォーで盛り上がっていますね。

見たいなとも思いましたが、まだブラックパンサーとかソーを見ていないので、レンタルまで待つかな?でもきっとそのうちネタバレを踏む気がする~。なにか大きなことがあるらしい~。

しかーし、私が一番見たいのはクワイエットプレースです。すっごく怖そう。夫はデッドプール2が一番見たいと。これはまだですね。

映画館上映はすぐに終わっちゃうし、すぐにDVDでるし、それよりテレビでデジタルでレンタルできるので、ついつい足が遠のきます。

映画館で見るべきなのはこういうマーベル作品や超大作だと思うのですが、私が「これが見たいのよ~」と思うホラー作品は映画館で見るともったいないかなとか(笑)けちい~。

今年は大作がたくさん上映されるようです。もっと映画見に行きたいなと思います。

ちなみにオハイオの映画館はバーがついておる~。


2018年4月25日水曜日

フィアーザウォーキングデッドS4-2 もう見なくてもいいかなと思った回

fear the walking dead season 4 エピソード2




エピソード1はすごく面白くて、このままcastを一新して始めればいいのにと思いましたが、そうはいかず~。出ちゃった、帰ってきちゃった、マジソン達。いらな…


がっかり展開で、またあああと思いましたです。




というわけで、




ネタバレ感想




1の最後に出てきちゃったマジソン軍団。6か月前にさかのぼります。さかのぼらなくてもいいのに。
野球場で生活しているようです。もう1年にもなると。あの川に流されたシーズン3から多分3年後くらい?その間の話あるのかな?なくてもいいけどな。
かなり人間らしい生活をしています。

女の子を保護して両親を探しに行きます。

で、あれこれあって。


中略



トラックの団体がやってきます。

「わ~でたニーガン?」

さすがにそれはクロスオーバーしないけど、ほとんど同じような軍団です。

もういいよ、こういう展開。

制作がスコットギャンプルになったので、また同じ感じになるのかなー?

6か月前というので、多分この軍団に野球場とられちゃうんでしょうね?人間対人間はもういいです。

早撃ちとトラックねいちゃんとモーガンで旅を続けてほしいなと思いました。

3まで見て続き見るか考えます~。









2018年4月24日火曜日

素晴らしいドラマ ファーゴ 旧ブログより


古い記事シリーズです。←勝手に命名 ーー2017年4月の記事


Fargo



映画のファーゴも大好きなんですが、今回はドラマ版のファーゴです。

めちゃくちゃ面白いです。


サスペンスですけど、ダークユーモアです。


ブレイキングバッドに近いユーモアかもしれません。

「え?ここ笑って良いのかな?不謹慎かな?でもおもしろいな、あ~あやっちゃったよ」みたいな

映画の「ファーゴ」も大好きです。 

映画版を見た方はわかると思うのですが、同じような独特の空気が流れています。

血が出るシーンでもすっとぼけているっていうか、サスペンスフルなのにのんびりした感じっていうか。

映画の方は妊婦の警察官が主人公なんですが、あの発音にまずやられます(笑) 


オーィヤー?ってのんびりした感じ。ずっと真似しちゃう。

こちらは映画 「ファーゴ」
51En1hf1PvL._AC_UL320_SR254,320_


映画版とドラマ版ではストーリーが違うのですが、シンクロしているところもあり、見ていたら「おお、ここ~」だねえとニヤニヤ。

映画を見てなくても楽しめます。


私の好きなベイツ・モーテルもそうですが、最近映画をドラマにというのが多いですね。


映画から大まかな設定は同じだけどストーリーが違うというもの。

打ち切りになった「ハンニバル」もそうでした。残酷だったけどアートに近くてすごく好きでした。




話をファーゴに戻しますね。

まずキャスティングがすごいです。

今情けない中年男性をやらせたら世界一だと思うマーティン・フリーマン(ホビットのビルボ!)




それから抜け目ない悪い役がピッタリのビリー・ボブ・ソーントン

トムハンクスの息子コリンハンクスもいい味出してましたね、いらいらしたけど(笑)

それからな~んと「ブレイキングバッド」のあの弁護士ソウルのオデンカークマンも出てました。


この弁護士のスピンオフのドラマの「ベターコールソウル」もすごく面白いです。

ソウル役以外見たことなかったのですが、この人演技がすごくうまいです。


この役は人の良さげな、でも事なかれ主義な署長。

いるいるこういう人って思いながら見てました。



Wikipedia から簡単なあらすじを

シーズン1のあらすじ

2006年1月、ローン・マルヴォ(ビリー・ボブ・ソーントン)はミネソタ州ベミジーを通りがかり、レスター・ナイガード(マーティン・フリーマン)をはじめとする地元の人々を殺人事件に巻き込む。警察副署長のモリー・ソルヴァーソン(アリソン・トルマン)とミネソタ州ダルース警察の警官ガス・グリムリー(コリン・ハンクス)は協力して事件の解決に当たる。


巻き込まれ型サスペンスバイオレンスコメディーって言う感じでしょうか。

このレスターナイガード(マーティン・フリーマン)

最初もう見るからにダメダメであたふたオタオタする芸を見せてくれます。(笑) 

どんどん深みにハマっていくところは映画と似ているかな。 

エピソード6だったかオデンカークマンがマーティン・フリーマンの話を聞くシーンがあるんですけど、この2人の顔の演技が見ものです。ここ笑いました。

それから警察官役の女性がとってもいい味出しています。

ドラマは続きものがやはり好きです。 

ファーゴは10話で完結。 最後まで面白かったです。

Season2は時代が違うそうで、また買おうかネットフリックスで見ちゃうか考え中です。

映画解説者の町山智浩 テレビドラマ版『ファーゴ』を語る のラジオの書き起こしが面白かったです。

例えばこの部分とか

 (町山智浩)画面で起こることは要するに白い雪の上に血がバンバンバンバン飛び散る、ものすごい連続殺人の話なんですけども、出てくる人がみんな間抜けでですね。みんなドジで。クドカンのドラマに出てくるような人ばっかりなんですよ。
さすがです。

バイオレンスとコメディーのぞくぞくする背中合わせの名作です。