2017年10月19日木曜日

American Vandal ハノーバー高校落書き事件簿 感想

American Vandal を見ました。




日本の題名が(ハノーバー高校落書き事件簿)

……まあ、そうなんですけど、たしかにそうなんですけど、題名で損をしてますね。

「高校の落書き事件かあ、う~ん見ないわ」となりそう。

もったいないです。これ面白かったです。

ハノーバー高校の教員たちの車27台にスプレーでチン○の落書きが書かれます。

悪質ないたずらだとニュースにもなり、犯人探しが始まります。


この学校の問題児ディラン。

ホワイトボードにですがチン○の落書き常習犯(笑)であり、YouTubeでいたずらを放送していたりして重要容疑者になり「俺はあいつ見たよ」とか「あいつしかいない」証言が集まり、ついに退学になってしまいます。

クラスメイトが「本当にディランがやったのか?真犯人は誰だ?」とドキュメンタリーを撮ることになり……と犯人探しが進んでいくんですが、笑いながらなかなか考えさせられます。

ディック(ちん○)って何回言うねんって大笑い。

あと夫も知らないスラングも出てきて、アメリカの若者の生活を垣間見ました(笑)

いかにも怪しいディラン。
この人演技うますぎます。本当にバカに見える(笑)

こういう人絶対にクラスに居るんですよね。

高校がすごくリアルでした。息子の高校にも(クラスのおバカ、もてもてアメフト男、真面目で勉強できる子、変わってるやつ、セクシー美女、真面目なかわいこちゃん)皆きちんといました。

チン○多すぎて大笑いでしたけど、その人についた印象や一度疑われたら潔白を証明するのが難しいことなどメッセージもはいっていました。


ただ、すっごくすっきり終わらないんですよ~。多分、あの人って感じで。あとはあなたが考えて、と嫌いな終わり方でした~。

投げないでえ、ちゃんと教えて派。 

悶々としながら「やっぱりあの人だよね」と夫に今日も言っています。

それからセクシー美女役の人見たことある~と思っていたら、なんとウオーキングデッドのサイコパスみたいな女の子リジーの本当のお姉ちゃんでした。リジーもこんな感じの美女に育っていますよ。

IMDbも 8.3と高い評価になっています。

全8話で1話だけ1時間、後は30分と短くまとまっています。面白かったです。

今日も「あ~あ、もうディックないのかあ」「やめなさい」と我が家でもディック連発しております(笑)

おすすめえ。




0 件のコメント:

コメントを投稿