2018年8月27日月曜日

アベンジャーズ インフィニティーウォー ネタバレなし

Avengers infinity war 2018

IMDb8.6

アメリカDVDリリース8月14日
これが見たくてマーベル映画を全部見ました。

何度も書いてますがヒーローものは苦手だったんです。なんとかマン。

でもアイアンマンが面白くてアベンジャーズが面白くて、あれよあれよとマーベルの罠にはまっていきました(罠ぢゃない)

そしてガーディアンオブギャラクシーでついにとりこに。

大笑い&まさかの大号泣(笑)

で、皆出てくるインフィニティーウオーは見なくては!と見ていなかったソーとブラックパンサーを見てIWに臨みました。

感想ですが…

えっと。皆さん書いておられますが…

何も言えない。

何も言えないのよ~。


これはうっかりネタバレ踏んじゃいけないと思うので今回はネタバレなしです。

2時間以上あるの長いなーと思ってましたけどあっという間でした。

こういうのは本当は映画館がいいですね。 
でも年々テレビも大きくなってきて通信で借りる映画もHDですごいクオリティーです。

この後にエイリアン1と2をHDでレンタルしたんですが、ものすごくクリア。
リプリーの毛穴まで全部見える!(笑)

今クリアに見てもどちらもすごいです。特に2は好きな映画と言うこともあり、SFの銃の作りの精密さは素晴らしかったです。

IWの話でした。話がずれました。エイリアンについてはまた書きます。


IW 最後の大戦とか聞いてましたけど最後じゃない~がっつり続く。でしたね。
同時に撮影してたそうなので、もっと早く公開でもいいのにいと思いました。

その前に数本マーベル関係の映画が公開されるそうです。商売上手~。



























2018年8月22日水曜日

ベターコールソウル シーズン4 エピソード3 ネタバレ

月曜9時が(あ!月9!!)超絶楽しみなベターコールソウル。

始まった頃はこんなにはまると思っていませんでした。
スピンオフ!と大喜びしたけれど、ジェシーとかじゃないんだ、とちょっとしょぼん。

最初はちょっと緩やかな始まり方だったし、どうなるのかなーと思っていたら、あれよあれよとものすごく面白くなりましたね。

このシーズンすごくすごくいいです。

どんどんブレーキングバッドのあの世界に近づいていきます。



ここからネタバレ






今回の脚本も素晴らしくて、ソウルとキム 麻薬ギャングたち ソウルとワルたちなどバランスが良いんです。
ウオーキングデッドも大好きなんですが時々1人2人だけのエピソードだったり、メインキャラじゃない過去話で1時間使ったりします。

前回のフィアーも過去話ではないですが、もう、これ、いら~~んと思いました。

でもブレーキングバッドもベターコールソウルも無駄な回がないのがすごいなと思います。あえて言えばブレーキングバッドの(ハエ)の回が私はいまいちでしたが。


このエピソードは撮影も素晴らしかったです。最初の砂漠の中の疾走シーンはしびれました。ナチョのシーンもドキドキしましたね。

で、ついにあの2人が登場しました。きた~。

見どころはたくさんあったんですが、私は最後の手紙のシーンがとても心に残りました。

チャックからの手紙をついにキムはジミーに渡します。

すごく怖くてドキドキしたら驚くほどナイスな手紙で……
それをジミーがシリアルもぐもぐ食べながらキムに読み聞かせました。
キムはたまらず泣き始めましたが、ジミーはえ?どうしたの?てな感じの温度差。

チャックに対してはもう恨みしか残っていないのかな?キムの涙はどういう意味なのかな?いろいろと考えるシーンでした。来週も楽しみです。







2018年8月19日日曜日

ブラックミラー シーズン4 エピソード5まで ねたばれなし。

Netflixのドラマ ブラックミラー 間違えてシーズン4から見てしまい、エピソード5まで見て気がつき(遅い)改めてシーズン1から見始めています。

一話完結なので全然問題ないですし、シーズン4のほうが面白いかもです。

あっという間に忘れちゃうので、健忘録を兼ねてエピソード5まで感想を書きます。




シーズン4 エピソード1

1 Uss collister 宇宙船カリスタ―号



スタートレックのパロディーかと思いました。評判を先に聞いて重く暗いドラマを覚悟して見始めたので最初は「は?はああ??」全然違うやんと驚きました。結構笑った。

その後シーズン1を見始めたら、暗く重くすごく考えさせられました。皆が言ってたのはこっちだったのねと。

コメディー?と思って見始めたのですが、いろいろ謎がありまして…最後までよく考えられています。オチもちゃんとあって、そういうことか!と膝を打ってしまいました。


2 Arkangel

子供の監視のために埋め込むインプラントのお話

監督がジョディ―フォスターです。

これ良くできていました。近い未来に本当にできそう。タブレットとか小物をうまく使っていて、私はとても好きでした。自由について考えさせられました。



3 Crocdille

ある出来事から運命の歯車が狂っていく…。

どうしてこのタイトルを付けたのかよくわかりません。後でネタバレサイト見てこよう。
これぞ、暗く重いストーリーで、ある意味ブラックミラー的でした。私は途中でオチがわかってしまった。あんまり好きな作品ではありませんでした。



4 Hang the DJ

マッチングサイトなのか初めてデートする2人、ところが…。

ユーモアもあり、これどうなるの?と見ていたら、すっごく意外なストーリー展開で驚きました。おもしろい~!シーズン4で一番好きかも。とても印象に残る物語。
これが一番面白いと言ってる人が多いです。




5 Metalhead

SFホラーが大好きな私にはぴったりの作品です。すごく怖くてグロいシーンも多いのですが、だからなのかモノクロです。
これはちゃんとバックグラウンドも描いて映画にしてほしいと思いました。もったいなかったです。
この作品を嫌いな人つまらないという人も多いようです。






ここまで見てシーズン1を見始めました。
ブラックミラーイギリス版のトワイライトゾーン 
初期の作品はより重く考えさせられるものが多い気がします。

どんよりする回もありますが、おもしろい。おすすめです。











2018年8月18日土曜日

フィアーザウォーキングデッド シーズン4 ネタバレ


シーズン4はモーガンが参戦し、ジョンドリーと言うかーっこいいキャラが出てきて喜んで見ていたんですが、やっぱり少しづつ…つまんなくなってきたかも?

このブログを見てみるとエピソード6までしか書いてませんでした。7と8すっ飛ばして先週はエピソード9でした。

ジョンドリー(Garret Dillahunt)という名前の射撃の名手で優しいキャラが魅力的で、この人出てなかったらもうやめちゃったかも。

すごく頼りになって強い人がいると安心して見られます。

本家のリックも最初そうだったのに、なんであんなに弾を外すようになったの?なんでミショーンとくっついたの? キャラがブレブレな気がします。

ジョンドリーは変わらないで欲しいですね。

今日もネタバレです。




7と8の内容ちょっと忘れてしまいましたが、撃たれたジョンは助かり、ローラ改めナオミ改めのジュンといい感じに。


野球場での出来事が描かれました。やっぱりマジソン死んじゃったんですね。
主人公だと思ってたのに?


モーガンが参戦して、仲間をまとめていくのかな?とワクワクしてたのに、また元の場所に帰るって。

「はい??」って言っちゃいましたよ。なんでなんでえ??

モーガンもブレブレで殺さずの誓い、からの殺戮マシーン、からのまた殺さず。

リックたちのグループから「離れる!」と遠いところまで来たら「やっぱり帰る」

なんでなん?

でこの回は「帰るけど一緒に行く?」の回。

良かったのは嵐でゾンビがバンバン飛んでいく所でした。

ゾンビネードだ!って喜びました。Zネーションで見たことあるんですけど、コメディーでしたから、こっちのほうがいいです。

だって本家はほとんど雨降らないですもんね。一回市内で雨降ったことと、一回嵐あったかな?もっともっとあってもいいのになと。後雪も。

オリジナルキャストにも魅力感じないですね。

新しいキャスト3人でやっていって欲しいくらいです。あ!戻るということはまたクロスオーバーあるのかな?それはちょっと見たい気がします。

ダリルとジョンがお友達になるとか。それは見たい(笑)








2018年8月16日木曜日

ベターコールソウル シーズン4 エピソード2

月曜日のお楽しみ ベターコールソウル

めっちゃ面白いです。

ブレーキングバッドと同じく回を重ねるごとに面白くなっていきますね。

シーズン1はソウルの紹介とか周りの人達との関係で少しスローに感じましたけど、ブレーキングバッドを見てたら「あああ~あのひとが~~」という楽しみもあるし、脚本がやはり素晴らしいですよね。会話が特に好きです。

で、シーズン2からどんどん盛り上がってシーズン3は最高じゃないのこれ?と思っていました。ユーモアだけじゃなくチャックとジミーの真っ黒な部分も描き始めて。

で、シーズン4ですが……

最高か!!ってなってます。


このエピソード2のキムにしびれました。



ここからネタバレです。







それにしても、このポスターすごく良くできていますね。内面の苦悩が…






と言うわけでネタバレです。

職探し中のジミー。コピー機の販売店でお得意のパフォーマンスですぐに採用されるのに、なぜか「君たち人をそんな急に信用していいのか?連続殺人鬼かも知れないのに!」と就職を蹴ります。ここ正直よくわからなかったんですよね。

弁護士としてのプライドなのか、本当に気に入らなかったのか。

キムはジミーと一緒に暮らしていて、ジミーとの何気ない会話なんかもすごくいいです。

ジミー本来の気のいい性格が良く出てると思うんですよね。朝食の用意とか帰りにご飯買ってくるからねっていうところとか。かわいいな。



ジミーが就活している間キムはハワードのオフィースに行きます。

ここで、んもう、ほれぼれするような啖呵を切ります。たんかってのもなんですが、あの冷静なキムが怒り狂って詰め寄るんですよね。このシーンもう最高に良かったですよ。

すっごくうまかったです。エミー賞ノミネートされるんじゃないかなと思いました。
わざわざ葬式の夜にやってきてあんなこと言うなんて、なによ!と。自分が楽になりたかっただけじゃない!と、それに
チャックはジミー宛に手紙まで書いていました。どこまで傷つけるのかと。

キム~~最高にかっこええ~~。

ドラマで大好きな女性キャラクターあまりいないんですよね。ブレーキングバッドもでしたし、ウオーキングデッドもマギーとミショーンが好きだったんですけど、ぶれぶれに性格が変わっていくので、がっかりしたり。

キムは最初から好きですけど、ブレーキングバッドに出てこないということは、どうなるんだろうと今からドキドキしています。

そしてこのエピソード。ガスが怖い!ひいいいい。
ナチョもどうなるの~。

というわけで来週も楽しみです。





。。。。。。。。


フィアーザウオーキングデッドも始まりました。ジョンドリー最高です。

ブラックミラーも見てますし、IWもやっと見ました。

少しづつ感想書いていきますね。















2018年8月12日日曜日

ベターコールソウル シーズン4 エピソード1 ネタバレ

8月6日 待ちに待った ベターコールソウル シーズン4が始まりました。

予告編のトレーラーです。





今回ちょっと遅かったですよね。「まだあああ?」と何回言ったか分かりません。

待っている間にブレーキングバッドをまだ見ていなかった息子と一緒に最初から全部見たんですが、そうしたらもっとベターコールソウルが見たくなって悶絶しました(笑)

ソウルがすっかり気に入った息子も自分も最初から見たい~!と。ワタクシ見なくてはいけないものたくさんあるのですが、ベターコールソウルも最初からまた見ようっと(笑)

というわけで、今日もネタバレです。






エピソード1
Smoke IMDb8.6



タイトルがもう、ひいいって思いましたね。スモークですよ。


シーズン3の最終エピソードでチャックがランプをひっくり返して家に火がつくところで終わりましたが、あの後どうなったのかな?と思っていました。

やっぱり焼死してしまったんですね。ソウルの所に電話が入ります。

「キムがケガしてる?あ、そうかそうか」と結構忘れている前のシーズン。

チャックの家に駆けつけて、焼けた家の前で呆然とするソウル。

夜ぼうっとして動けないソウルにキムが気を使ってお酒飲ませたりして。

お葬式でも涙も出ず、茫然自失に見えます。

しか~し


騙されたあああ(笑)


ハワードが訪ねてきて「自殺だと思う」というところからソウルの顔色が変わってきて、ハワードが「自分のせいだ」と言った後に嬉しそうに口笛拭きながら金魚に餌をあげるシーンが素晴らしく良かったですね。

もうジミーには戻れないソウルの内面が良ーく出てたなあ。

すごくおもしろいです。

最初にシナボンで倒れるシーンがあるんですけど、あれはうんと後ですよね。


ブレーキングバッドで逃げる時に言ってましたもんね

「もう弁護士はできない、最高でもシナボンの店長どまりだよ」って。多分、あのあとなんじゃないかな?と髪の毛の具合からも(笑)

ブレーキングバッドのcastが出たトークショーでもボブオデンカークさん、面白かったです。画面の写真を撮ってブログ書こうと思っていたのに時間がたってしまいました。

ブレーキングバッドのメンバーがアルバカーキが懐かしいという話の流れの時に「俺、まだ行ってるけど?」とかとぼけた顔で言ってておもしろかった(笑)本当いい味ありますよね。

月曜日の楽しみが増えました。


明日日曜日にはフィアーザウオーキングデッドもリターンです。こちらも楽しみです。




2018年8月8日水曜日

ブラックミラー シーズン4エピソード1


驚愕の事実!

ブラックミラーシーズン1見始めました~と書こうと思って画像を見ていたら、え?ええ?違うよ?これ題名も画像も……

そして気がついてしまいました。

私たちが見始めたのはシーズン4でしたよ!!

このドラマは1つ1つが違うお話なので、全く気がつかなかったです、たった今まで(笑)
今から夫に言ってこよう、すっごく驚くはず。

そして前回のオレンジイズニューブラックの記事にhachiさんからコメントいただいていました。それもたった今気がつきました。一週間くらい経ってた~ごめんなさい。

なるべく毎日、無理なら2日に1回でも?なーんて思っていたのに超絶おさぼり。




え、あらためまして。


ブラックミラー見始めました。 シーズン4からだけど(笑)




続きものじゃないから全然大丈夫なんですけど、びっくりしました~!!

Black mirror

USS Callister

IMDb8.3





いきなりスタートレックのパロディーのようなコメディータッチの冒頭でした。

ここで「え?思っていたのと違う」と思ったのです。うわさに聞いていたのは

「トワイライトゾーンに似ている。でももっと怖いし暗い」

あと怖かったのが

「気持ち悪い、もう無理!豚とか無理!」

え~そうなんだ?でも見てみる?と家族で見始めたらめっちゃ明るく始まったエピソード1(シーズン4だけど)

「な、なんぞ?これ???」

まあ見ているうちにいろいろ謎は解けていきます。おもしろい!

で、このエピの主人公のブレーキングバッドのトッドことJesse Plemonsがエミー賞にノミネートされました。そのことは知っていたのですが、なんでそんな古いエピのノミネートなのかな?と不思議だったんですよね。間違えてたんですね。



トッド!(違う)エミー賞納得のうまさでした。

ブラックミラーもうエピソード5まで見ちゃったよ~。ここまでとってもクオリティー高くて、面白かったです。

家族皆お気に入りです。1時間で完結と言うのも良いですね。

毎回全く話は違うのですが、近未来のSFもので、近い将来に起こりそうなことばかりで、SFといってもリアリティーがありますね。

エピソード2もすごく近い将来できそうなデバイスとソフトの話でした。ディレクターはジョディ―フォスターでした。

できたらエピソードごとに感想書きたいですが、ベターコールソウルも始まっちゃった!やっぱりすごくおもしろい~~!こちらも今度感想書きます~。










USS Callister



















2018年8月3日金曜日

オレンジイズニューブラック シーズン6 見ました。

オレンジイズニューブラック 

Orange is the new black 2013年に始まったドラマです。

Wikipediaより転載します。

概要

ニューヨークの裕福な家庭で育ったお嬢様である主人公パイパー・チャップマンは、10年前に当時のレズビアンの恋人の麻薬取引を手伝った罪で投獄される。彼女と他の女囚人との刑務所での生活を描いたヒューマンドラマである。
2010年に刊行されたパイパー・カーマン(Piper Kerman)のノンフィクション『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女性刑務所での日々』(Orange Is the New Black: My Year in a Women's Prison)を原作としている。
ここまでーーーーーーーーーーーーー

刑務所物は映画でもあまり好きではなかったのです。でもプリズンブレイクを見てどはまり。そして女囚刑務所のオレンジイズニューブラックもどどはまりしました。(次に見たいのはウエントワース女子刑務所)

お嬢さんだったパイパーがおろおろしつつ、少しずつ刑務所になじんでいき(というか悪くなっていき)コメディーをベースに重いテーマ(LGBTや黒人差別、貧困やドラッグ、移民や宗教)も混ぜた見ごたえのあるドラマです。たい~!でもコメディーベースで笑えるところもいっぱいなので見やすいです。
で、シーズン6ですが、ネタバレ感想書きますね。



ネタバレ~








シーズン5の最後で刑務所内の暴動が収まり、首謀者とみなされた囚人はみな重警備の刑務所のほうへ入れられます。

エピソード1のはじまりはクレージーアイの妄想からだったので、今回はこういう感じなのかな?ちょっとつまんなそう~と思っちゃったのですが、中盤からの巻き返しがすごかったです。

正直エピ1と2はそれほどはまりませんでした。出演者も半分くらいに減っていました。バラバラにされたという設定でした。←オハイオ刑務所にいるらしい(笑)

メインのパイパー、アレックス、ニコール、レッド、ローナ
スーザン、テイスティー、シンディーそれからフリーダ

今回グロリアとマリアのエピソードも多かったです。

私の大好きなレッド。悲惨な状態&大ピンチに。

今シーズンの主人公は私はカプートだと思いました。カプートとテイスティーです。
カプート見直した~!人生立て直そうと頑張ってます。フィグともセフレじゃなくて真面目に付き合おうとしたりして、くす。



テイスティーに暴動の際の殺人の罪がかぶせられてしまいます。この時にカプートが大活躍します。

結果は悲惨でしたけれど、次のシーズンでなんとか巻き返してくれないかなと期待しています。


テイスティーかわいそう。最終回の裁判の回の撮影とっても良かった。ショックでしたけど、うまかったですね。ああああああ~~~ってもう何とも言えない気持ちになりました。

裁判の間に収監されているテイスティーとカプートのセリフジーンと来ました。

刑務所の中で本当の友情(プッセイとの)のために戦ったのはテイスティーだけかもですね。他の人は気持ちはわかりますが、刑期を伸ばすと脅かされたり、謝礼金につられたりして、そのつもりはなくても裏切っていくことになります。

なんだか寂しかったなあ。でも現実はそうなんですね、きっと。

今回2つの大きな流れがあります。

1つは誰が暴動のスケープゴートにされるか?ここでレッドとテイスティーがピンチに。

2つめは各ブロックごとに反発しあっている囚人たちの戦争が始まるか? ブロックごとにボスがいて、キャロルとバーブという姉妹が大ボス。

この2人は若い頃に一番下の妹を殺して収監されているんですけど、時代が止まっているんですよね。「この前髪はないわ~」と思って見ていたらアレックスが「80年代の前髪に興味ないわ」と言って笑いました。

しか~しドキリ。やだ!私もちょっと前髪たてちゃてる!!

ドラマ見て我がふり直せ(笑)でした。←どんな感想

古いよ、おったて前髪(笑)




新しいキャラ数人出てきます。ダディーと言う中ボス。すっごく男前!!女だけど男前!!かっこいい‘~。



ダヤとできちゃって、ダヤはすっかり子ボス気取りです。いるよね、こういう人~(笑)
ダヤのママも塀の外でいろいろあります。人生難しいよね…。



ブランカがかわいそうだったなあ。最後のあれは釈放と勘違いしたんですよね?

結局移民局のバスにのせられて、強制国外追放なのか、移民センターのようなところに行くのかな?こういう問題は時事的にもマッチしていて、考えさせられました。

囚人同士の大戦争はなくてよかった。どきどきしました。キャロルとバーブが実はフリーダを狙って仕組んだというところびっくりしましたね。

フリーダもなかなかの玉と言うか。でも、そうしないとやはり刑務内で生き延びるのは難しいのかなと。

今シーズンも面白かったです。アジア系がほとんどいなくなって寂しいです。良いキャラをぜひ登場させてほしいなあ。

新キャラのバディスンと看守たちが苦手でした。バディスンは好きになれないなあ。

ルースチャックだけはかなりいいキャラしていますね。結構笑いました。グロリアとのダンスからの流れ、最高ですね(笑)

は~や~くシーズン7見たい~!