2019年1月4日金曜日

バードボックス Bird box 感想

お知らせ

☆メインブログのほうですが、テーマが変わってしまい昨日の投稿が消えました。
まだちゃんと直っていないみたいです。本当にすみません。明日には元に戻るといいなと思っています☆


。。。。。。。。。。。。。。

Birdbox


今日はNetflix オリジナルムービーのバードボックスです。 2018年12月13日に配信されました。

簡単なあらすじ

(それ)を見たら死ぬ。視界を奪われた世界でのサバイバル劇。

ある日突然(それ)は始まりました。その姿を見たものは発狂して自殺してしまいます。
子供を身ごもっているマロリー(サンドラブロック)は何とかある家に逃げ込むことができて、数人の他人との生活をすることに。

それから数年、世界が滅亡した後に避難所に行くため、目隠しをして幼い子供を連れてのサバイバルが始まります。

感想

すごくおもしろかったです。


予告を見た時すごく怖そうで見るの躊躇してました。怖い映画好きなんですけど、クリスマス前後だったし、子供が出てくるのでなにかあったら嫌だなあ、と。ホラー映画ファンですが子供と動物がひどい目に合う映画は本当にダメなんです。

これホラーではないです。

怖いところもあるんですけど、それよりももっと家族愛の映画です。
感動しました。ネタバレにはならないと思いますが、終わり方もすごく好きでした。

この設定が増えましたね。

クワイエットプレースはまだ見てないんです。こういう感じでしょうか?
こっちは音を立てたら死ぬ。ですよね。近いうちに見たいです。
ドントブリーズも音を立てたらだめ(ちょっと違うシチュエーションだけど)ライトオフは電気消したらダメ。いろいろ考えますね。

さてバードボックス。キャストも良かった。

私の好きな(強いママ)リプリー💖みたいなマロニー。
サンドラブロック元から好きですけど、この役も良かったです。
コメディーが多いですけど、こういうのも良いですね。

キャスト豪華ですね。サンドラブロックにも驚いたのですが、なんとマルコヴィッチも。こういう役本当にうまいですね。

川下りの場面はハラハラしました。

飽きずに2時間楽しめます。

お勧めです。










ここからネタバレ感想







突っ込みどころも少しありますよね。
目隠し運転はさすがにムリとか。

車を盗んで行った警官とジャンキーのその後は見たかったなとか。

それに車もなく食品をどうやって調達したのかなと。

特に子供が生まれてからの5年間。もう少し描写があっても良かったな。

赤ちゃん2人育てるのはこの何でもある世界でも大変なのに、医者もいないのに、どうやって?と。ウオーキングデッドでさえ医者がいるのに(笑)
ちょっと無理があるなあって。

それから絶望の世界とはいえマロリー冷たすぎますね。名前さえつけないとか。
トムがかわいそうだったなあ。

川下りも「いやいやいや無理でしょう!」って特に箱の鳥さんは助からないと思うなあ。

でも本当子供も鳥も助かってよかったなあ。

最後は予想してました。目の見えない人たち生きてるよねって言ってたんです。

あの希望のある終わり方。本当に好きです。憂鬱になるほどのエンディング映画も多い中希望があるのってやっぱりいいですね。

鳥の箱 バードボックスはパンドラの箱。最後に残ったのは希望だったのですね。

とっても好きでした。



























0 件のコメント:

コメントを投稿