2018年12月2日日曜日

ちょっと残念 ハウスオブカード シーズン6

Netflixオリジナル ハウスオブカード House of cards


過去記事 ハウスオブカード シーズン4
過去記事 ハウスオブカード シーズン5


苦手な政治ものですが脚本が素晴らしくてはまったドラマです。
何度か書いてますが英語がものすごく難しいのだけが難点です。
ケヴィンスペーシーの演技も素晴らしくハラハラドキドキ、やめられないドラマでした。
時々カメラを向いて本心を言う演出も私はイマイチ好きじゃないのですが夫は大絶賛。ドロドロの政治のというかホワイトハウスの裏側を描いた大傑作でした。

しか~~し!大変なことが起きたのでした。

シーズン5が終わってからというか、もうシーズン6の撮影が始まっていたそうですが、なんと!ケヴィンスペーシーがドラマシリーズ『スタートレック』に出演する俳優アンソニー・ラップから少年時代にセクハラを受けたと告発されたのです。

で、謝罪したのはいいのですが、このタイミングで「ゲイとして生きることを選ぶ」と自身のセクシュアリティーについてカミングアウトをしたんです。これは「問題のすり替え」だと大炎上しました。
問題がすごく大きくなっていってケビンスペーシーは番組から降ろされ映画からも降ろされ、今では全く見なくなりました。
このままハウスオブカード打ち切りかと思ったら、Netflixなんとかシーズン6を作りました。今までより短い8話で。主演はロビンライトで。

すっごく楽しみにしていたんですが、かなーり残念な仕上がりになっておりました。
IMDbでもそれまでのエピソードはほとんど8以上の高得点なのに、いきなり
1話目4.6   2話目4.5  3話目4.5 4話目 4.5  5話目4.7 6話目 4.4 7話目 4.1 
そして、最終回はまさかの 2.8
確かに最終回はひどかったけど、すごい点数ですね。
このお2人が出て最初は盛り上がったんですが、脚本がつまんないもんねえ。いきなり書き換えたんだから無理もないと思うのですが、もう少し練って欲しかったなあと。

ロビンライトも一話目ではすごく怖い感じだったのですが、なんていうか迫力不足だった気がします。迫力というかカリスマというか。何かが足りない感じでした。


ここからネタバレ感想です。



ハウスオブカードと言えばダグスタンパー。マイケルケリーさん。
シーズン5までフランクに利用されるだけされてポイ捨てみたいな扱いでした。

これは6ですっごい復讐するんだなと期待するじゃないですか?
まさかのあの落ち。
言いますよ?

ネタバレ

フランクを殺したのがまさかのダグ。まあそれはいいですが(笑)全財産もらえる予定だった遺産をクレアに隠されて。で、かなり追い詰めるのに最後はクレアに刺されちゃうってどういうこと?
あんまりよ。だから2.8なんじゃない? 最終回の「もうどうでもいい」感すごいですね。クレアどうなるの?とかあの兄弟は?とか、あれこれ置いてけぼり。
私が考えた最終回はですね、
クレアを追い詰めるダグ。すべての悪行がメディアに流れて失脚するクレア。フランクの遺産ももらって人生を立て直すためにホワイトハウスから歩き去るダグ。
こっちのほうが良かった(笑)好きだったのにいダグ~。




0 件のコメント:

コメントを投稿